人生にゲームをプラスするメディア

映画「ドラゴンボールZ 神と神」3週連続で週末興収1位、動員数は180万人突破

3月30日に全国312館で公開、週末興収ランキング1位の大ヒットスタートを切った『ドラホンボール 神と神』の勢いが衰えない。公開3週目となる4月13日、14日の週末興行ランキングで3週連続1位と好調だ。

その他 全般
「ドラゴンボールZ 神と神」 3週連続週末興収1位で22億円を突破
  • 「ドラゴンボールZ 神と神」 3週連続週末興収1位で22億円を突破
  • 映画「ドラゴンボールZ 神と神」3週連続で週末興収1位、動員数は180万人突破
3月30日に全国312館で公開、週末興収ランキング1位の大ヒットスタートを切った『ドラホンボール 神と神』の勢いが衰えない。公開3週目となる4月13日、14日の週末興行ランキングで3週連続1位と好調だ。
公開から16日間で累計動員数は182万3141人で180万人を突破、興行収入は22億193万6850円と22億円を突破した。この記録は2013年公開映画では、最速となっている。世代を超えた変わらぬ「ドラゴンボール」人気を見せつけた。
映画は今後、人出の多いゴールンデンウィークに突入する。さらなる記録更新が期待される。2013年の映画興行を大きく盛り上げそうだ。

『ドラホンボールZ 神と神』の人気の秘密は、その高い知名度、子どもから大人まで知っているお馴染みのキャラクターだろう。今回の映画では、そうしたキャラクターが総出演する。
さらに今回は原作者の鳥山明さんが、原作、キャラクターデザインに加えてストーリーに参加する。完全オリジナルの物語は、アニメはもちろん、原作にも描かれたことのなかったものだ。これがファンの心に火をつけた。

映画だけでなく、作品関連の企画も大きな人気を呼んでいる。4月15日まで日本橋高島屋で開催中の展覧会「鳥山明 The World of DRAGON BALL」も開催19日間で7万2000人を超える入場者となった。今後は4月17日から大阪・阪神百貨店梅田本店で、7月27日からは名古屋・松坂屋美術館で巡回展が開催される予定だ。

『ドラゴンボールZ 神と神』
http://www.dragonball2013.com/

312館 (IMAXデジタルシアター16館を含む)
16日間累計 動員1,823,141人 興行収入 2,201,936,850円
(3月30日~4月14日累計)

「ドラゴンボールZ 神と神」 3週連続週末興収1位で22億円を突破

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

    【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  2. 【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

    【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

  3. 『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

    『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

  4. 悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る