人生にゲームをプラスするメディア

1,100万人が聞いたBGM、『パズル&ドラゴンズ』のオリジナルサウンドトラックが発売

ハーモニクス・インターナショナルは、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの人気パズルRPG『パズル&ドラゴンズ』のサウンドトラック「パズル&ドラゴンズ オリジナルサウンドトラック イトケン・リミテッド」の先行販売をiTunes Storeで配信開始しました。

その他 全般
パズル&ドラゴンズ オリジナルサウンドトラック イトケン・リミテッド
  • パズル&ドラゴンズ オリジナルサウンドトラック イトケン・リミテッド
ハーモニクス・インターナショナルは、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの人気パズルRPG『パズル&ドラゴンズ』のサウンドトラック「パズル&ドラゴンズ オリジナルサウンドトラック イトケン・リミテッド」の先行販売をiTunes Storeで配信開始しました。

この手のゲームには珍しいサウンドトラックですが、価格は1曲200円(税込)で、アルバムだと1,500円(税込)となっています。

今回のサウンドトラックは、ダンジョンやボスに使われているゲームのBGM5曲と、バンダイナムコゲームスの『鉄拳』シリーズなどの佐野電磁こと佐野信義氏、『エースコンバット2』や『風のクロノア』の高橋コウタ氏、スクウェア・エニックスの『サガ』シリーズなどの伊藤賢治氏といった豪華ゲーム音楽家による描き下ろしアレンジ3曲の計8曲となっています。

既に1,100 万人が遊んだ『パズル&ドラゴンズ』ですが、この「パズル&ドラゴンズ オリジナルサウンドトラック イトケン・リミテッド」は1,100 万人が聞いたサウンドというわけです。またApp Storeで配信されている『太鼓の達人プラス』で、このサウンドトラックの曲が遊べます

さらに、伊藤賢治氏からアルバム発売にあたってのコメントが届いているので合わせてご覧ください。

●伊藤賢治氏からのコメント
「"パズドラ"の楽曲がこうしてCD としてリリースすることが出来て、とても嬉しいです。ケータイゲームアプリの楽曲をCD 化すること自体、とても珍しいのではないでしょうか。既に1,100 万ダウンロードを突破したモンスターアプリ。それだけの方々に聴いて頂いているというのも凄いプレッシャーですが、多くの方々が楽しみ、今後も期待されているということも意識しつつ、これからも頑張ります!」

●収録楽曲一覧
1 Departure
2 Walking Through The Towers
3 A New Journey
4 The Orb Festival
5 Dragon's Den
6 Departure (伊藤電磁 ver.)
7 Walking Through The Towers (RESONATOR ver.)
8 Dragon's Den (MORE ROCK!)

●商品情報
アルバム名:パズル&ドラゴンズ オリジナルサウンドトラック イトケン・リミテッド
アーティスト名 伊藤賢治
収録:全8 曲(書下ろし新アレンジ3 曲含む)
価格:2,100円(税込)
レーベル・発売元: gentle echo / Harmonics Music
販売元:(株)ハーモニクス・インターナショナル

●発売情報
発売日:
4月3日(水)
iTunes Store 先行ダウンロード販売開始

4月26日(金)
オフィシャル通販サイト パズドラ屋(http://www.pazudoraya.com/)および
gentle echo オンラインショップ(http://www.gentleecho.net/)にて先行発売

4月29日(月)
一般発売

パズル&ドラゴンズ オリジナルサウンドトラック イトケン・リミテッド - 伊藤賢治

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO アーケード』プレイをサポートする「カルデアWebマイルーム(β版)」のサービスが開始―様々な情報をいつでも確認可能!

    『FGO アーケード』プレイをサポートする「カルデアWebマイルーム(β版)」のサービスが開始―様々な情報をいつでも確認可能!

  2. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  3. Epic Games、『フォートナイト』のクロスプラットフォームマルチ技術を他デベロッパーに開放へ

  4. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

  5. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

アクセスランキングをもっと見る