人生にゲームをプラスするメディア

「ドラゴンボール」ゲームで遊んだことがある人は約36% ― 劇場版を観たことがある人を上回る調査結果

その他 全般

世代を越えて愛されてきた「ドラゴンボール」のゲームたち
  • 世代を越えて愛されてきた「ドラゴンボール」のゲームたち
  • 最新作の3DSソフト『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』
  • ドラゴンボールに関する調査 ドラゴンボール作品について経験があるもの(複数回答)
ライフネット生命保険は、「ドラゴンボールに関する調査」を実施し、調査結果を公表しました。

本日、新作映画「ドラゴンボールZ 神と神」が全国で公開となり、更に注目度が上がっている「ドラゴンボール」。この調査は、全国のネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員のうち、15~49歳の「ドラゴンボール」作品を知っている人、10代・20代・30代・40代の男女各125名、計1,000名を対象に2013年3月4日~3月9日に実施されました。

「ドラゴンボール作品について経験があるもの」に関する調査結果は以下のとおりです。掲載画像グラフとあわせてご覧ください。

■ドラゴンボール作品について経験があるもの(複数回答)
ライフネット生命調べ

・TVアニメを観る:94.7%
(10代 86.8%、20代 97.6%30代 98.0%、40代 96.4%)
・漫画を読む:67.4%
(10代 54.0%、20代 68.8%、30代 73.2%40代 73.6%
・ゲームで遊ぶ:36.2%
10代 38.0%20代 48.4%30代 42.8%、40代 15.6%)
・映画(劇場版)を観る:30.2%
(10代 20.8%、20代 46.8%、30代 32.8%、40代 20.4%)
・関連グッズを購入する:19.1%
(10代 14.8%、20代 26.4%、30代 22.0%、40代 13.2%)
・その他:0.8%
(10代 0.0%、20代 0.8%、30代 0.4%、40代 2.0%)

TVアニメとしての認知度が全世代で圧倒的に高く、特に20代~30代のドラゴンボール知っている人のほとんどがTVアニメを観た経験があるという結果になりました。しかし、原作漫画を読んだ経験がある人となると背景が変わり、年代が高まるにつれて増加傾向にあります。「週刊少年ジャンプ」(集英社)における「ドラゴンボール」の連載期間は1984年~1995年と今から約20~30年前となるので、30~40代にとって原作漫画の印象はより強いものとなっていそうです。

意外な結果として、TVアニメの認知度が全世代で100%に近い数字を叩き出したにも関わらず、映画(劇場版)を観た経験がある人が約30%に留まっている点があげられます。それと比較して、ゲーム作品を遊んだ経験がある人が約36.2%と映画を観た経験がある人を上回る結果になりました。

「ドラゴンボール」のゲーム経験者は特に若年層に多く、多数の家庭用ゲーム機やアミューズメント施設のカードゲーム筐体、あるいはスマートフォン向けアプリなど、現在に至るまで新作ゲームが映画作品以上に定期的かつ絶え間なくに発表されてきたことが、この結果に結びついているのではないかと推察されます。2013年2月28日にも、バンダイナムコゲームスよりニンテンドー3DSソフト『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』が発売されたばかりで、今後はゲームから「ドラゴンボール」を知っていく世代が増えていくかもしれません。

今回の調査では、上記の調査結果以外にも「ドラゴンボールの能力・アイテムで欲しいもの」「もしも、ドラゴンボールで願いが叶うなら」など、さまざまな結果が公表されています。興味がある方は、ライフネット生命保険ウェブサイトもぜひチェックしてみてください。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】タイトル名だけでゲーム内容を想像したら大変な事になった!

    【特集】タイトル名だけでゲーム内容を想像したら大変な事になった!

  2. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

    【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】過去の名作が復活しても、それは自分にとっては“今のゲーム”という悩み

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/07更新)

  7. 【昨日のまとめ】バーチャルコンソール版『ポケモン クリスタルバージョン』配信決定、『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0をチェック、『ポケモン US・UM』ウルトラネクロズマを紹介…など(12/15)

  8. 【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る