人生にゲームをプラスするメディア

Rovio、サンリオと『Angry Birds』商品化エージェント契約を締結 ― 「みんなのくじ」を皮切りに日本進出を加速

ゲームビジネス その他

Rovio、サンリオと『Angry Birds』商品化エージェント契約を締結 ― 「みんなのくじ」を皮切りに日本進出を加速
  • Rovio、サンリオと『Angry Birds』商品化エージェント契約を締結 ― 「みんなのくじ」を皮切りに日本進出を加速
  • Rovio、サンリオと『Angry Birds』商品化エージェント契約を締結 ― 「みんなのくじ」を皮切りに日本進出を加速
サンリオファーイーストが、Rovio Entertainmentの人気ゲームアプリ『Angry Birds』の商品化エージェントとして日本市場への本格導入を開始すると発表した。

その第一弾として、ライセンサーのRovioの日本事務所(Rovio Japan)を東京・渋谷に設立するとともに、フリュー株式会社の「みんなのくじ Angry Birds」を3月9日より全国のローソンや書店にて展開している。

今回の日本市場における本格的な活動開始にあたり、Rovio Entertainment日本事務所の代表であるアンティ・ソンニネン氏は「日本事務所の設立をとてもうれしく思います。より多くの方々にAngry Birdsの世界を楽しんで頂けるように、幅広いPR活動を行っていきます。特に、今回発売を開始したくじは日本独特のマーケティング手法で、全世界が注目しています。2013年のAngry Birdsに是非期待してください。」とコメントしている。両社は今回を皮切りに、今後も更なるマーチャンダイジングの充実に加え、アニメーション、漫画出版など、幅広いエンターテイメントを順次提供していくとしている。

なお、Rovioでは昨日よりAngry Birdsのショートアニメ作品「Angry Birds TOONS」の公開を開始している。またAngry Birdsシリーズの総ダウンロード数は17億件を突破しているという。Rovio Japanの概要は以下のとおり。

正式名称:Rovio Entertainment 日本事務所
所在地:東京都渋谷区渋谷3-15-4・8F
事務所代表:アンティ・ソンニネン(Antti Sonninen)

Angry Birds(TM)(c)2009-2013 ROVIO ENTERTAINMENT LTD.
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  5. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  6. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  7. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. ソーシャルゲームの基盤を支えるWindows Azureのクラウドサービス

  9. 【JAEPO 2014】お弁当も「PASELI」で購入 コナミ、電子マネー「PASELI」をゲーム以外にも展開へ

  10. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

アクセスランキングをもっと見る