人生にゲームをプラスするメディア

劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」前売り第4弾はお花見ver.

その他 全般

「あの花」前売り第4弾は“お花見ver.” 発売開始も花見シーズン3月30日~
  • 「あの花」前売り第4弾は“お花見ver.” 発売開始も花見シーズン3月30日~
  • 「あの花」前売り第4弾は“お花見ver.” 発売開始も花見シーズン3月30日~
  • 「あの花」前売り第4弾は“お花見ver.” 発売開始も花見シーズン3月30日~
2011年にテレビ放送されるとたちまち視聴者の心を捉え、ブームを生みだした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』がこの夏に劇場アニメとなって帰って来る。劇場化発表はすでに大きな話題を呼んでいるが、映画に向けた動きも着々と進んでいる。
そのひとつが2012年12月に第1弾がスタートした前売り販売である。これまでにそれぞれのシーズンに合わせて、第1弾“夜祭Ver.”、第2弾“クリスマスVer.”、第3弾“初詣Ver.”が発売され映画を盛り上げてきた。これがいよいよ第4弾に突入する。

第4弾の発売は3月30日発売、そしてこの時期は日本の多くの地方で桜の花が咲いている。そこで第4弾は“お花見Ver.”となった。
気になるイラストは公開されている。満開の桜の下にに超平和バスターズの6人が配置されている。今回のポイントは、大きく描かれた じんたん と中央のゆきあつの存在感だろう。

前売りは“お花見Ver.”のイラストを採用したチケットのみ税込1500円(ブロマイド付)とデコレーションフォトケース付き卓上カレンダーがセットされたスペシャルセット税込3000円の2種類である。このデコレーションフォトケースは、第1弾から第4弾前売券の特典ブロマイドを収納出来る。ブロマイドを収納すると写真の上にメッセージや落書きなどを書き込んだようにみえるのがポイントだ。ファン心をくすぐるアイテムとなっている。
販売場所が限られているので注意したい。ひとつは3月30日、31日に幕張メッセで開催されるアニメコンテンツエキスポ2013のアニプレックスブース、それからもう2ヶ所は東京・渋谷PARCOとアクアシティお台場にあるノイタミナショップとなる。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
2013年夏 新宿バルト9ほか 全国公開
http://www.anohana.jp/

3月30日(土)より、第4弾前売り券開始
アニメコンテンツエキスポ2013&ノイタミナショップにて販売開始
[スペシャルセット]
価格: 3000円(税込)
セット特典:デコレーションフォトケース付き卓上カレンダー
通常特典 :ブロマイド(お花見Ver.)
[チケットのみ]
価格: 1500円(税込) ※ブロマイド付き

■販売場所:
アニメ コンテンツ エキスポ 2013 アニプレックスブース、
ノイタミナショップ 渋谷PARCO(渋谷パルコPart1・6F)、
ノイタミナショップ inアクアシティお台場(アクアシティお台場・4F)

[キャスト]
宿海仁太(じんたん): 入野自由
本間芽衣子(めんま): 茅野愛衣
安城鳴子(あなる): 戸松遥
松雪集(ゆきあつ): 櫻井孝宏
鶴見知利子(つるこ): 早見沙織、
久川鉄道(ぽっぽ): 近藤孝行

[スタッフ]
監督: 長井龍雪 
脚本: 岡田麿里 
キャラクターデザイン: 田中将賀 
音楽: REMEDIOS 
アニメーション制作: A-1 Pictures  
配給: アニプレックス

「あの花」前売り第4弾は“お花見ver.” 発売開始も花見シーズン3月30日~

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  2. 「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

    「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

    【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

  4. 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. ド迫力のネルギガンテがメインに!『モンスターハンター:ワールド』サウンドトラックのジャケットが公開

  7. 【昨日のまとめ】『FGO』イチオシのマシュが描かれた概念礼装は?、『きららファンタジア』今後の対応について声明発表、『スーパーマリオ オデッセイ』“ジャンプ0回”でゲームクリアできるのか…など(12/12)

  8. 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!

  9. 【特集】『ゲームに登場するお母さんキャラ』10選―ディア・ママ!

  10. 【今日のゲーム用語】「ロールバック」とは ─ 歓迎すべき事態ではないが、必要な次善策のひとつ

アクセスランキングをもっと見る