人生にゲームをプラスするメディア

『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ウルトラマン オールスタークロニクル』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
  • 『ウルトラマン オールスタークロニクル』今作の黒幕アーマードダークネスの正体が判明!
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ウルトラマン オールスタークロニクル』の最新情報を公開しました。

『ウルトラマン オールスタークロニクル』は、歴代のウルトラマンや怪獣・星人がオールスターで登場し、壮大なオリジナルストーリーが展開されるタクティカルバトルゲームです。プレイヤーは、ウルトラマンをユニットで動かし、各ステージの勝利条件を目指すタクティカル(戦略)バトルに挑みます。

今回は、本作の黒幕であるアーマードダークネスの正体が判明しました。物語の冒頭では策謀宇宙人デスレムの謎の技によって、ウルトラの父、さらに若きウルトラ戦士たちが次々と氷像に変えられてしまい、光の国が怪獣軍団に制圧されてしまいます。

その黒幕とも言えるのが、エンペラ星人のために作られた暗黒の鎧「アーマードダークネス」。この鎧を着た者は宇宙を支配する程の力を得ることが出来るとされていますが、エンペラ星人以外が鎧を着ると、鎧の持つ、邪悪な意思に操られてしまいます。

そしてその正体は、暗黒大皇帝「カイザーダークネス」。『ウルトラマン列伝』内「ウルトラゼロファイト」に登場中の最新キャラクターが本作にも登場します。「カイザーダークネス」は、ウルトラ戦士に深い恨みを持つウルトラマンベリアルの魂が、アーマードダークネスに宿った姿。実体が無いため、普通の攻撃が通じない恐ろしい敵として、ウルトラマンたちの前に立ちふさがります。

『ウルトラマン オールスタークロニクル』は、好評発売中で価格は6,280円(税込)となっています。

(C)円谷プロ
(C)2013 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】HDリマスター版『ロマサガ3』解雇不可の仲間、技閃き道場、物件買収…あの思い出が蘇る

    【吉田輝和の絵日記】HDリマスター版『ロマサガ3』解雇不可の仲間、技閃き道場、物件買収…あの思い出が蘇る

  2. 新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

    新レジェンドへの布石か…『Apex Legends』数秒間のみ発生する「レーダー妨害」が見つかる

  3. 「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

    「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

  4. 最新作『シェンムーIII』はストーリーを追いかけるゲームではない!生みの親・鈴木裕監督が語る寄り道のすすめ【TGS2019】

  5. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  7. 『新サクラ大戦』花組隊員はここから生まれた!メインキャラクターデザイン・久保帯人氏の設定ラフイラスト紹介映像が公開

  8. 『ストリートファイターV チャンピオンエディション』2020年2月14日発売決定!新キャラ「ギル」やバトルシステム「VスキルII」も登場

  9. 密着、名もなき配達人たち―『DEATH STRANDING』のNPCポーターたちに同行してみる

  10. 「JAPAN Studio "Fun" Meeting 2019」フォトレポート―SIEによるファンとクリエイターの交流イベント

アクセスランキングをもっと見る

1