人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、iOS版『解放少女』全世界同時配信 ― Game Centerに対応、新たな遊び方も

レベルファイブは、iOS向けアプリ『解放少女』を3月7日(木)より全世界同日配信開始したと発表しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
解放少女
  • 解放少女
  • レベルファイブ、iOS版『解放少女』全世界同時配信 ― Game Centerに対応、新たな遊び方も
  • レベルファイブ、iOS版『解放少女』全世界同時配信 ― Game Centerに対応、新たな遊び方も
  • 須田剛一氏
レベルファイブは、iOS向けアプリ『解放少女』を3月7日(木)より全世界同日配信開始したと発表しました。

『GUILD』シリーズは、作品全体のプロデュースをレベルファイブ、ディレクションを各界の著名クリエイターが担当した、全く新しいゲームプロジェクトです。今回、ニンテンドー3DSソフト『GUILD01』に収録されていた『解放少女』がiOS向けに配信されることが決定しました。日本国内では『解放少女』が配信され、海外では英語版『LIBERATION MAIDEN』が配信されます。

『解放少女』の舞台は100年後の日本。女子高生でありながら、亡き父の後を継ぎ、新日本国大統領に就任した大空翔子。天翔ける「解放機カムイ」を駆り、侵略された国家を解放します。

「女子高生大統領」×「人型ロボット兵器」という驚愕のゲームコンセプトを手掛けるのは株式会社グラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏。人型兵器「解放機カムイ」を華麗にあやつり、ロックオンやレーザー等の多彩な攻撃で無数のターゲットを撃ちまくる、圧倒的爽快感が楽しめます。様々なステージで発生する数々のミッションをこなし、待ち受ける大型ボスにとどめの一撃を打ち込みましょう。劇中では、株式会社ボンズ制作の劇場版クオリティのアニメと、豪華フルボイスのドラマシーンが、翔子と解放機カムイの戦史を鮮やかに彩ります。更に、この作品のためだけに制作されたテーマ曲「解放の日」がゲームをいっそう盛り上げます。

「スコアランキング」「実績」「チャレンジ」の“つながる”機能も実装、新たな遊び方にも対応しています。友達と競争しながらランキング1位を目指しましょう。

Retinaディスプレイに対応し、超高精細で最も美しい『解放少女』を是非体験してみてください。

iOS版『解放少女』は、好評配信中で価格は600円(税込)となっています。

解放少女 - Level-5 Inc.

(C)2013 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC.
(C)2013 LEVEL-5 Inc.
《ひびき》

バーチャル関西の何でも屋さんです ひびき

2012年からインサイドにてゲームライターとして活動して、はや十数年。ちょっと古参気取りの何でも屋。Game*Sparkやアニメ!アニメ!にもたまに顔が出ます。ゲーム・アニメ以外では、ホビーやガジェット、バーチャルYouTuber業界が専門。お仕事お待ちしております。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

    『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  2. ハクスラ特化の『スカイリム』シリーズをスマホで!基本無料『エルダースクロールズ:ブレイズ』で終わりのない探求の旅が始まる【プレイレポ】

    ハクスラ特化の『スカイリム』シリーズをスマホで!基本無料『エルダースクロールズ:ブレイズ』で終わりのない探求の旅が始まる【プレイレポ】

  3. 『FGO』アーサー王と円卓の騎士を改めて振り返る【特集】

    『FGO』アーサー王と円卓の騎士を改めて振り返る【特集】

  4. 『ウマ娘』キタサンブラックとスイープトウショウの関係性が熱い!月の石に隠された秘密

  5. 『ウマ娘』謎の新ウマ娘の正体判明!初の海外馬「モンジュー」参戦は叶ったのか?

  6. 『ブルーアーカイブ』老舗エアガンメーカー「東京マルイ」が“アル社長の銃”を完全再現!ワンオフ制作のコラボプロジェクト始動

  7. 『ウマ娘』のたづなさんって一体何者?「ウマ娘説」「トキノミノル説」の根拠となっているのは…

  8. 『ウマ娘』最後に「逃げ切りシスターズのライブ」が披露!ファル子イベ、総獲得ファン数は“3.3兆人”で閉幕

  9. 『原神』で見かける、隠し切れない“ジョジョ愛”の数々!「だが断る」「クールに去るぜ」などの名台詞がズラリ

  10. 『FGO』アナスタシアはなぜ英霊となったのか?史実から考える【ネタバレ有】

アクセスランキングをもっと見る