人生にゲームをプラスするメディア

約6割が家庭用ゲーム機よりスマホゲームで遊んでいる — CyberZ調べ

ゲームビジネス その他

家庭用ゲーム機とスマートフォンゲーム利用状況
  • 家庭用ゲーム機とスマートフォンゲーム利用状況
  • 新しいソーシャルゲームを始めるきっかけ
  • 1週間における新しいアプリのインストール数
  • 新しいゲームを選択する際に重視するポイント
CyberZが、全国の普段ソーシャルゲームユーザー15~69歳の男女1018名を対象に行った「ソーシャルゲームの利用実態調査(第三弾)」の調査結果を発表した。

同社によれば、この調査では以下の4つの傾向が確認できたという。

1.家庭用ゲーム機よりスマートフォンゲームでよく遊ぶユーザーが約6割
2.新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「今、遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」
3.1週間における無料アプリダウンロード数は、平均2本
4.新しいゲームを選択する際に重視するポイントは「手軽に遊べること」

まず家庭用ゲーム機とスマートフォンゲームの利用状況についての質問では、普段ソーシャルゲームで遊ぶユーザーのうち「主にスマートフォンでゲームをしており、家庭用ゲーム機ではほとんどゲームをしない」と答えたのが35.5%と最も多く、スマートフォン派が半数以上を占めた。

た新しいソーシャルゲームを始めるきっかけについての質問では「今遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」が29.1%と最も多く、次いで「今、遊んでいるソーシャルゲームとのコラボレーション企画があったので」が25.1%という結果になり、普段遊んでいるゲーム内で接触する広告や情報がきっかけになっていることが分かった。

1週間における無料アプリのダウンロード数については、男女平均で約2本という結果になり、OS別にではiPhoneユーザーが平均2.3本に対し、Androidユーザーは平均1.4本と、iPhoneユーザーの方が平均ダウンロード数が多い傾向にあった。

新しいゲームを選択する際に重視するポイントについては、「手軽に遊べること」が56.1%と半数以上を占め、次いで「ゲームジャンル」が36.3%となった。OSと性別では、両OS共に女性は「手軽に遊べること」「絵柄が可愛いこと」が男性より高く、男性は「ゲームジャンル」「ゲームのシステムが優れていること」が重視される傾向にあった。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

    アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. GREE vs Mobageの釣りゲー訴訟・・・グリーが逆転敗訴確定

    GREE vs Mobageの釣りゲー訴訟・・・グリーが逆転敗訴確定

  4. 剣×盾×魔法で敵を倒すVR体感アクション『サークル オブ セイバーズ』がプラサカプコン吉祥寺店で4月21日より稼働

  5. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  6. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  7. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  8. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  9. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  10. 全世界290万ダウンロードを誇る『ハローキティ ワールド』と、人気アプリを背後で支える「ニフティクラウド mobile backend」の取り組みとは

アクセスランキングをもっと見る