人生にゲームをプラスするメディア

約6割が家庭用ゲーム機よりスマホゲームで遊んでいる — CyberZ調べ

ゲームビジネス その他

家庭用ゲーム機とスマートフォンゲーム利用状況
  • 家庭用ゲーム機とスマートフォンゲーム利用状況
  • 新しいソーシャルゲームを始めるきっかけ
  • 1週間における新しいアプリのインストール数
  • 新しいゲームを選択する際に重視するポイント
CyberZが、全国の普段ソーシャルゲームユーザー15~69歳の男女1018名を対象に行った「ソーシャルゲームの利用実態調査(第三弾)」の調査結果を発表した。

同社によれば、この調査では以下の4つの傾向が確認できたという。

1.家庭用ゲーム機よりスマートフォンゲームでよく遊ぶユーザーが約6割
2.新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「今、遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」
3.1週間における無料アプリダウンロード数は、平均2本
4.新しいゲームを選択する際に重視するポイントは「手軽に遊べること」

まず家庭用ゲーム機とスマートフォンゲームの利用状況についての質問では、普段ソーシャルゲームで遊ぶユーザーのうち「主にスマートフォンでゲームをしており、家庭用ゲーム機ではほとんどゲームをしない」と答えたのが35.5%と最も多く、スマートフォン派が半数以上を占めた。

た新しいソーシャルゲームを始めるきっかけについての質問では「今遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」が29.1%と最も多く、次いで「今、遊んでいるソーシャルゲームとのコラボレーション企画があったので」が25.1%という結果になり、普段遊んでいるゲーム内で接触する広告や情報がきっかけになっていることが分かった。

1週間における無料アプリのダウンロード数については、男女平均で約2本という結果になり、OS別にではiPhoneユーザーが平均2.3本に対し、Androidユーザーは平均1.4本と、iPhoneユーザーの方が平均ダウンロード数が多い傾向にあった。

新しいゲームを選択する際に重視するポイントについては、「手軽に遊べること」が56.1%と半数以上を占め、次いで「ゲームジャンル」が36.3%となった。OSと性別では、両OS共に女性は「手軽に遊べること」「絵柄が可愛いこと」が男性より高く、男性は「ゲームジャンル」「ゲームのシステムが優れていること」が重視される傾向にあった。
《籠谷千穂》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る