人生にゲームをプラスするメディア

海外デベロッパー「次世代機のうち一つは市場から脱落する」

ゲームビジネス その他

マイクロソフトの次世代機の姿やいかに
  • マイクロソフトの次世代機の姿やいかに
  • ソニーの次世代機は、遅くともE3では発表か?
海外ゲームパブリッシャーの幹部が、次世代コンソールのうち少なくとも1つが、今後数年の間に市場から脱落するだろうと語っています。

海外デベロッパーSidheのサブブランドで、iOSやAndroid向けにゲームをリリースしているPikPokの幹部Mario Wynands氏が、今後数年の間に次世代ハードのうち1つが、コンソールレースから脱落していくだろうと海外サイトのインタビューの中で予言しています。

現在のゲーム市場は3つのコンソールを支えていけるほど新規プレイヤーが多いわけでもなく、多くの家庭用ゲーム機が市場に同時に存在することが厳しい状況になってきています。3つのコンソールのうち1つか、もしくはそれ以上が完全にコンソールレースから脱落してしまうだろうとWynands氏は考えており、またいずれの3社も根本的なビジネスモデルの解決なしでは多くの損害を出すと予想しています。

低い利益率や高価な開発費、限られた販売スペースに中古市場や海賊版の存在など、次世代機は前世代機が解決できなかった課題と共に登場することになります。その上、スマートフォンやタブレット、復権したPCゲームの存在など、よりいっそう激化した競争にも直面することになるでしょう。

小売システムは収入の減少で崩壊しつつあり、これまでゲーム市場を支えてきた小売りチェーンのサポートも期待できません。さらに、クオリティに対する顧客の期待は上昇し続けているにもかかわらず、同時に小売り価格は引き下げる傾向になっています。

Wynand氏は、マイクロソフトとソニーの次世代コンソールは克服できない課題に直面する可能性があり、またそれらのシェアをiOSなどの新しいプラットフォームに奪われる可能性があると語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

    【プレイレポ】想像してた“気を溜める”ってまさにコレ!『ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波』が地面を抉る迫力ぶり

  4. いまだホットなゲーム業界の転職事情・・・リクルートキャリアに聞く(前編)

  5. SCE、平井一夫氏が会長を退任・・・盛田厚氏が取締役に就任・創業者のおい

  6. 【BitSummit】イベント主催者ジェームズ・ミルキー氏インタビュー「日本にはまだまだ凄いインディー開発者がいる」

  7. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  8. 【ブルーオデッセイ徹底攻略】「まったりソロプレイ」「ゆるっとパーティプレイ」を両方楽しもう!(第4回)

  9. 『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る