人生にゲームをプラスするメディア

マイクロソフトはセガ買収を検討していた ― 元幹部が明かす

マイクロソフトの元幹部が、セガを買収することを検討していたことを明らかにしました。

ゲームビジネス その他
ビル・ゲイツ
  • ビル・ゲイツ
マイクロソフトの元幹部が、セガを買収することを検討していたことを明らかにしました。

これは1983年~2003年までマイクロソフトで働いていた元幹部のJoachim Kempin氏が海外サイトのインタビューの中で語ったもので、Xbox始動前、同社はセガの買収を考えていたようです。

Kempin氏によると、セガの買収プランはマイクロソフトがコンソール業界に参入するための容易な方法として浮上したものだということです。しかしソニーに対抗するには充分ではないとビル・ゲイツにより判断され、計画は幻と終わり、その後のXbox誕生へと繋がります。

なお、ドリームキャストのOSにはマイクロソフトのWindows CEが採用されていますが、XboxおよびXbox360のOSも同じくCEだと言われています。

もしセガがマイクロソフトに買収され、「ドリームキャスト360」が誕生していたら、日本のコンソールシェアも現在とはかなり変わっていたかもしれませんね。
《菜種》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 台湾のゲームユーザー数は人口の半分以上!?世界が注目する台湾ゲーム市場の実態に迫る

    台湾のゲームユーザー数は人口の半分以上!?世界が注目する台湾ゲーム市場の実態に迫る

  2. 「違法ユーザーを訴えても上手くいかない」ピーター・ムーアEA SPORTS社長

    「違法ユーザーを訴えても上手くいかない」ピーター・ムーアEA SPORTS社長

  3. 作家3人で協力制作「バディ スピリッツ」の魅力とは ― 担当編集・屋田氏が語る

    作家3人で協力制作「バディ スピリッツ」の魅力とは ― 担当編集・屋田氏が語る

  4. 【GDC 2015】グーグル、ダンボールVRや『Ingress』のプラットフォームを紹介

  5. 英国で、ゲームが音楽の売上を上回る―2007年

  6. ナウプロダクション、お台場に新スタジオ「Gold Entertainment Studio」10月1日オープン

  7. 『宝島Z』も初体験!カプコンがWHF出展タイトルを発表

  8. 【海外ゲーマーの声】『Call of Duty:Ghosts』PS4とXbox Oneでの売り上げ1位、欧米での反応は

  9. 【昨日の人気記事チェック】Wiiの試遊台「Wiiステーション」が稼働開始―『大乱闘スマッシュブラザーズX』には待ちの列も(1月28日)

  10. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

アクセスランキングをもっと見る