人生にゲームをプラスするメディア

NHN Japan、会社分割で「LINE株式会社」と「Hangame株式会社」へ

NHN Japanはゲーム事業とウェブサービス事業を分割することを検討していると明らかにしました。

ゲームビジネス その他
NHN Japanはゲーム事業とウェブサービス事業を分割することを検討していると明らかにしました。

ゲーム事業を分割してHangame株式会社を設立、本体であるNHN Japanは社名を変更してLINE株式会社に社名変更を行う計画。

NHN Japanは2012年1月に「ハンゲーム」を展開してきたNHN Japan、「NAVER」を展開してきたネイバージャパン、「livedoor」を展開してきたライブドアの3社が合併して設立。各社が行なってきた事業を統合した形ですが、その後にリリースした無料メッセンジャーアプの「LINE」の爆発的なヒットにより事業構造が大きく変化しつつあります。

会社分割では大きくゲームとウェブサービスの2つに分割を行い、それぞれの分野で競争力のある製品の開発や運営を行う狙いがあります。

新設されるHangame株式会社は、既存のオンラインゲームポータル「ハンゲーム」および、リリースから僅か2ヶ月で2000万ダウンロードを記録した『LINE POP』を始めとする「LINE GAME」向けアプリを展開。さらに独自ブランドの展開も行なっていくとのこと。

一方のLINE株式会社は「LINE」を軸としてプラットフォームの更なる拡大を図ります。また、ポータルサイトのlivedoorやNAVERまとめなどのウェブサービスも成長を目指します。さらに、「LINE」の海外展開強化のため、LINE株式会社が60%、韓国のNHN Corporationが40%を出資した合弁会社LINE PLUS Corporationの設立も行うとのこと。

2社ともに代表は引き続き森川亮氏が務めるとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

    【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  3. 【CEDEC 2011】大規模なハイエンドゲーム開発をスクラムで~ディンプスの事例

    【CEDEC 2011】大規模なハイエンドゲーム開発をスクラムで~ディンプスの事例

  4. 【Unite Japan 2014】スマホゲームに「シェアボタン」を!Unityが買収した「Everyplay」の魅力を徹底紹介

  5. 【週刊マリオグッズコレクション】第36回 通好みなメンツ?「スーパーマリオコレクションフィギュア2」

  6. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  7. ユービーアイソフトとイードが総合学園ヒューマンアカデミーにて「スペシャルセミナー&e-Sports大会」を開催

  8. 岩田社長、イチロー選手の活躍を称える

  9. 【CEDEC 2014】同人・インディーズゲームの戦い方、国内市場・海外市場・メディアミックス

  10. コナミ、平成27年3月期 第1四半期決算を発表 ― 前年比6.6%の微増、当期は1コンテンツに対しデバイスごとの出口を提案

アクセスランキングをもっと見る