人生にゲームをプラスするメディア

SCEやマイクロソフトも出展「台北国際ゲームショウ2013」1月31日より開幕

1月31日から2月4日までの5日間、台湾・台北市で「台北国際ゲームショウ2013」が開催されます。Sony Computer Entertainment of Taiwanやマイクロソフトなど、コンシューマー向けのメーカーも出展する台湾唯一のゲームショウです。

ゲームビジネス その他
台北国際ゲームショウ
  • 台北国際ゲームショウ
1月31日から2月4日までの5日間、台湾・台北市で「台北国際ゲームショウ2013」が開催されます。Sony Computer Entertainment of Taiwanやマイクロソフトなど、コンシューマー向けのメーカーも出展する台湾唯一のゲームショウです。

毎年開催される本イベントは、5日間の開催期間で400以上ものブースが出展され、30万人もの来場者を数える大規模なイベントとなっています。その理由として、ゲームの人気はもちろん、玩具やフィギュアの販売、同人誌の即売会など、様々な要素が詰め込まれた内容になっているからとのこと。

気になる出展企業ですが、現在公式サイトで発表されている企業の中ではSony Computer Entertainment of Taiwan、マイクロソフトの2社が最初に紹介されています。もちろん台湾の企業や、韓国、中国の企業も出展し、オンラインやモバイルゲームを発表するとのこと。さらにはCooler Master、 Razer、Tt eSPORTSなどのゲーミングデバイスメーカーも続々出展するということで、コンシューマーからオンライン/モバイル、PCゲームまで、あらゆるジャンルのゲームが一同に楽しめるイベントになっています。もちろんBtoBの場としても、台湾唯一のゲームショウというだけあって、多くの人が訪れます。

台湾のゲーム市場規模は、日本のそれと比較するとかなり小さいものですが、近年のスマホやタブレットの成長で、産業の規模自体は2011年時点で、2006年の2倍近くにまで成長しています。主力はオンラインゲームですが、近年はスマホ急速な進化により、多くのPCゲームメーカーがモバイルへと舵を切っているということです。一方、コンシューマー向けの市場では、日本で人気のタイトルなどがいくつも販売されています。

今年の「台北国際ゲームショウ2013」には、インサイド編集部も取材に行き、その模様をお伝えしていきます。日本のメーカーの情報はもちろん、ゲームショウの様子や、いつもの通りコンパニオンまで、全力でレポートしますのでお楽しみに。
《宮崎紘輔》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

    カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  2. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

    トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  3. 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

    『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

  4. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  5. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  6. 『スーパーマリオ64』が約1億6500万円で落札―海外オークションにて、ゲームソフト史上最高額

  7. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  8. カプコンがゾンビを緊急募集中―全世界での深刻なゾンビ不足を“あなたの手”で救え!

  9. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』のコホリント島を3D化

  10. 任天堂の山内相談役、京都大新病棟に70億寄付

アクセスランキングをもっと見る