人生にゲームをプラスするメディア

映画版「アサシン クリード」脚本家が英国人劇作家のMichael Lesslie氏に決定

その他 全般

大手映画製作会社New Regencyと提携し製作が進められている実写映画版「アサシン クリード」ですが、本作の脚本家が英国人劇作家のMichael Lesslie氏に決定した事がHollywood Reporterにて報じられました。

Michael Lesslie氏は2012年にナショナル・シアターで上演された演劇「Prince of Denmark」を始め、「Heavy Metal Drummer」や「Skirt」といった幾つかのショートフィルムの脚本を手がけた経験を持っています。

監督はまだ不明ながらも「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」、「プロメテウス」への出演で知られるMichael Fassbender氏の起用が明らかとなっている映画版「アサシン クリード」は果たしてどのような作品となるのでしょうか。今後の続報に期待です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

    俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』に登場した「鋼鉄公演きらりんロボ」が、段ボール製簡易防音室になって登場!

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  6. DMM GAMESの"初"オリジナルプロジェクト「バドミントンガールズ」、新人声優・柳原可奈子が主役に抜擢

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

アクセスランキングをもっと見る