人生にゲームをプラスするメディア

エンタテインメントの未来を考える会「黒川塾(四)」12月12日開催 ― ゲームメディアが振り返る2012年

エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(四)」を12月12日に開催することを発表しました。

ゲームビジネス その他
黒川塾(四)
  • 黒川塾(四)
  • 黒川文雄氏
エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(四)」を12月12日に開催することを発表しました。

「エンタテインメントの未来を考える会」(黒川塾)は、セガ、デジキューブ、ブシロード、NHNJapanにて宣伝広告・企画などを担当していた黒川文雄氏がナビゲートするイベント。“新たな気付き”“明日からの活力”になる勉強会、企画を開催するものです。またごと回、多才なゲストを招待しての事例紹介、クロストーク、リスナー参加型の質疑応答なども行っています。

今回の「黒川塾 四」は、ゲーム・エンタメ系メディア系編集長が一堂に会して2012年度を振り返り、印象に残る今年のコンテンツなどを語り合う予定。同時に、Facebookなどのアンケート機能などを活用し、一般からのアンケートなどによりエントリーを募り、2012年度の「エンタテインメントの未来を考える大賞」(コンテンツ)を選定するとのことです。

進行ナビゲーター・コメンテーターとして黒川文雄氏自身が参加する他、ゲストとして、イード「Gamebusiness.jp」編集長である土本学氏、エンターブレイン「ファミ通app」編集長である目黒輔氏、朝日インタラクティブ「CNET Japan」編集記者である佐藤和也氏が参加する予定です。

【進行ナビゲーター・コメンテーター】
■黒川 文雄
東京都生まれ。アポロン音楽工業を経て、ギャガコミュニケーションズ(現在のギャガ)にて映画配給宣伝、セガエンタープライゼス(現在のセガ)にてゲーム宣伝を革新的に進化させ、ゲーム内広告を日本で初めて展開、デジキューブにてゲームソフトのコンビニ流通を開拓、デックスエンタテイメントにてネット型対戦カードゲーム『アルテイル・ネット』を展開、ブシロードにて製造管理ならびに海外販売、NHNJapanにては家庭用ゲーム会社との大型の共同タイトルを開発。

【ゲスト紹介・プロフィール】
■土本 学(つちもと まなぶ) イード「インサイド」編集長
インサイド、Game*Spark、GameBusiness.jpなどゲーム系メディアを統括。2000年に個人でゲーム情報サイトを立ち上げ、大学卒業を期に2007年、IRIコマース&テクノロジー(現イード)に事業譲渡し加わる。主な興味関心はビジネスとしてのゲーム、インターネットメディア、マーケティングリサーチ、お酒を飲むこと。
インサイド:http://www.inside-games.jp/
GameBusiness.jp:http://www.gamebusiness.jp/

■目黒 輔(めぐろ たすく) エンターブレイン「ファミ通App」編集長
1974年生まれ。大学卒業後、フリーライターを経てエンターブレインに入社。「週刊ファミ通」「ファミ通.com」「ファミ通DX」の編集者、記者を経験後、2011年から「ファミ通App」の編集長に。Web媒体運営の他、ムック本「ファミ通App iPhone&Android」やファンブック「世界のなめこ図鑑」なども手掛ける。直近では12/19に「ファミ通App iPhone&Android NO.005」を発売予定。
ファミ通App:http://app.famitsu.com/

■佐藤 和也(さとう かずや) 朝日インタラクティブ「CNETJapan」編集記者
徳間書店インターメディアでゲームキャラクター雑誌「バーチャル・アイドル」、新紀元社でコナミ公式攻略本やゲーム関連書籍の他、ゲームやアニメ媒体各所での編集・ライター経験を経て、2008年よりシーネットネットワークスジャパン(現朝日インタラクティブ)にてゲーム情報サイト「GameSpot Japan」を担当。2010年より編集長を歴任。「ドリームクラブ」や「アイドルマスター」などにおいて、特定のキャラクターを押し出す記事で好評を得る。2012年4月よりITニュースサイト「CNET Japan」編集記者(CNET Japan編集部)として異動し、ゲームを含めたデジタルコンテンツにおけるエンターテインメント関連記事を主に担当している。
GameSpot Japan:http://japan.gamespot.com/
CNET Japan:http://japan.cnet.com/

「黒川塾(四)」は、「南青山 サイバーエージェント・ベンチャーズ STARTUP Base Camp」(〒107-0052東京都港区赤坂八丁目5番26号 赤坂DSビル3F)にて、12月12日19時00分より開場、19時30分開始。参加費は3,000円(1ドリンク代込み)、学割2,500円(専門学校・大学など学生証持参の必要有り)。時間は90分ほどの予定(終了後懇親交流会あり)で、当日は前回同様に「ニコニコチャンネル 黒川塾」にて生放送されるとのことです。
《冨岡晶》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガンプラとゲームの融合…新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動

    「ガンダム」ガンプラとゲームの融合…新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  4. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  5. パズドラを越えられるのはガンホーだけ ― 今後の成長戦略は「パズドラに新ゲーム」「新作投入」「世界同時配信タイトル開発」

  6. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  7. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  8. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  9. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る