人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、ゲーム業界初のエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」12月より開始

ゲームビジネス その他

エコアミューズメント
  • エコアミューズメント
  • エコラベル
  • 新幹線はどーこだ?
バンダイナムコゲームスは、ゲーム業界で初めてエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」を2012年12月より開始すると発表しました。

これは、国内で販売する自社製業務用ゲーム機を対象に策定した「環境配慮設計ガイドライン」に基づき、環境配慮設計(「LED 照明や液晶ディスプレイ等の省エネ製品採用」や「梱包材をできるだけ減らす省資源化」等)によって、一定の自主基準をクリアした製品を「エコアミューズメント」と認定。環境に配慮した製品であることが一目で分かるよう、ゲーム機本体に「エコラベル」を表示するというものです。

最初の認定製品は『新幹線はどーこだ?』で、乗り物が集まっているゲーム画面の中からお題の乗り物を探してタッチして答えるキッズ向けのキャラクター探しゲームです。 ゲーム機のデザインは、人気の高い「N700系のぞみ」を採用。ステージは全20種類となっています。

また、ゲーム終了後にカードの払い出しがあり、オモテ面には新幹線の写真、ウラ面には新幹線に関する情報を掲載。カードは全41種類あり、親子で一緒に見て、読んで楽しめる内容になっています。

『新幹線はどーこだ?』は、2012年12月上旬から稼働開始予定となっています。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

    アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  5. 【GTMF 2017】少人数体制のアプリ開発を強力にサポートしてくれる、NCMBの実装メリットに迫る

  6. 【GTMF 2014】コンソールでもネットワーク対応が進む中、存在感を増すモノビットエンジン

  7. 【CEDEC 2013】現実世界を取り込んで効率的なモデリングを実現、リアリティキャプチャー

  8. 「ゲームはいよいよ普遍的な存在になる」角川ゲームス安田氏が語るゲーム業界の2030年

  9. バンダイナムコ、D3パブリッシャーを買収へ―友好的TOB

  10. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

アクセスランキングをもっと見る