人生にゲームをプラスするメディア

ニューヨーク近代美術館『パックマン』『塊魂』を収蔵、ゲーム業界初のパーマネントコレクションに

ゲームビジネス その他

パックマン
  • パックマン
  • 塊魂
バンダイナムコゲームスは、同社が開発・販売したゲーム『パックマン』と『塊魂』が、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のパーマネントコレクション(永久収蔵品)に認定されたことを発表した。収蔵品となるのは、両タイトルのゲーム本体、これに加えて企画書など開発時の資料も含まれる。
この決定に合わせてMOMAでは、2013年春から1年間の予定で、ギャラリー内での両作品の展示もする。期間中にMOMAに訪れることがあれば、美術館内で『パックマン』と『塊魂』に出会うことが出来る。

バンダイナムコゲームスによれば、ビデオゲーム分野でMOMAのパーマネントコレクションが選ばれるのは初である。また、両作品の「シンプルで普遍的なゲームルール」、「当時のゲームトレンドに革命もたらし、今なお世代・国籍・時代を超えて愛される独創的なゲームデザインや世界観とキャラクター」が今回の異例の決定につながったと説明する。
ゲームの持つ革新性、国境、時代を超えた普遍性が評価されたかたちだ。

『パックマン』は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が1980年に発売したアーケードビデオゲームである。国内だけでなく、世界各国で人気が高い。
特に米国では400種類以上のキャラクターグッズが発売されている。“パックマン”の語句は、金融界の専門用語に取り入れられるほどポピュラーな存在だ。その人気は現在まで続いている。キャラクター展開のほか、新たなテレビアニメも開発中だ。
一方、『塊魂』は2004年誕生と『パックマン』より歴史は短い。しかし、雪だるまを作る要領で塊を転がす3Dアクションのアイディアが、シンプルかつ革新的と高く評価されている。MOMAでは、2012年7月29日から11月5日まで開催していた展覧会「Century of the Growing by Design」で展示も行った。

MOMAは、1929年にニューヨーク・マンハッタンに設立された近・現代美術を対象にした美術館である。米国だけでなく、世界の美術界を牽引する存在として広く知られる。
対象とする領域は絵画や彫刻だけにとどまらない。早くからデザインやフィルムなどにも積極的に取り組んできた。今回はMOMAが新たにビデオゲームもアートとして取り込んでいく動きとしても注目される。

バンダイナムコゲームス
http://www.bandainamcogames.co.jp/
ニューヨーク近代美術館(MOMA)
http://www.moma.org/

「パックマン」「塊魂」がニューヨーク近代美術館パーマネントコレクションに決定 ゲーム業界初

《animeanime》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. 【JRPGの行方】第1回 1997年の「アニメ化」と「観る物語」

    【JRPGの行方】第1回 1997年の「アニメ化」と「観る物語」

  4. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  5. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  6. 記野直子の『最新北米市場分析』2015年4月号―『Mortal Kombat X』を日本でも!

  7. 全世界290万ダウンロードを誇る『ハローキティ ワールド』と、人気アプリを背後で支える「ニフティクラウド mobile backend」の取り組みとは

  8. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  9. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. テクモ、残業代の支払いを求めた裁判で和解

アクセスランキングをもっと見る