人生にゲームをプラスするメディア

ニューヨーク近代美術館『パックマン』『塊魂』を収蔵、ゲーム業界初のパーマネントコレクションに

バンダイナムコゲームスは、同社が開発・販売したゲーム『パックマン』と『塊魂』が、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のパーマネントコレクション(永久収蔵品)に認定されたことを発表した。

ゲームビジネス その他
パックマン
  • パックマン
  • 塊魂
バンダイナムコゲームスは、同社が開発・販売したゲーム『パックマン』と『塊魂』が、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のパーマネントコレクション(永久収蔵品)に認定されたことを発表した。収蔵品となるのは、両タイトルのゲーム本体、これに加えて企画書など開発時の資料も含まれる。
この決定に合わせてMOMAでは、2013年春から1年間の予定で、ギャラリー内での両作品の展示もする。期間中にMOMAに訪れることがあれば、美術館内で『パックマン』と『塊魂』に出会うことが出来る。

バンダイナムコゲームスによれば、ビデオゲーム分野でMOMAのパーマネントコレクションが選ばれるのは初である。また、両作品の「シンプルで普遍的なゲームルール」、「当時のゲームトレンドに革命もたらし、今なお世代・国籍・時代を超えて愛される独創的なゲームデザインや世界観とキャラクター」が今回の異例の決定につながったと説明する。
ゲームの持つ革新性、国境、時代を超えた普遍性が評価されたかたちだ。

『パックマン』は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が1980年に発売したアーケードビデオゲームである。国内だけでなく、世界各国で人気が高い。
特に米国では400種類以上のキャラクターグッズが発売されている。“パックマン”の語句は、金融界の専門用語に取り入れられるほどポピュラーな存在だ。その人気は現在まで続いている。キャラクター展開のほか、新たなテレビアニメも開発中だ。
一方、『塊魂』は2004年誕生と『パックマン』より歴史は短い。しかし、雪だるまを作る要領で塊を転がす3Dアクションのアイディアが、シンプルかつ革新的と高く評価されている。MOMAでは、2012年7月29日から11月5日まで開催していた展覧会「Century of the Growing by Design」で展示も行った。

MOMAは、1929年にニューヨーク・マンハッタンに設立された近・現代美術を対象にした美術館である。米国だけでなく、世界の美術界を牽引する存在として広く知られる。
対象とする領域は絵画や彫刻だけにとどまらない。早くからデザインやフィルムなどにも積極的に取り組んできた。今回はMOMAが新たにビデオゲームもアートとして取り込んでいく動きとしても注目される。

バンダイナムコゲームス
http://www.bandainamcogames.co.jp/
ニューヨーク近代美術館(MOMA)
http://www.moma.org/

「パックマン」「塊魂」がニューヨーク近代美術館パーマネントコレクションに決定 ゲーム業界初

《animeanime》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

    【TGS2017】中国産スマホゲームの日本進出を語る!「進出しない理由は無い市場」

  2. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

    今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  3. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

    【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 【プレイレビュー】3Dアクション、都市育成SLG、カードバトル・・・楽しさてんこ盛り『Kingdom Conquest II』

  6. 【CEDEC 2009】海外重視でクローズアップされる"ローカライズ"~各社が事例を基に議論

  7. セガ、『サカつく』の川越氏と『ムシキング』の植村氏が退任

  8. 【オールゲームニッポン】日本人の「以心伝心」はゲーム作りのスタイルにも通ずる(第14回)

  9. 高負荷ゲームに最適、最大70%もサーバ性能を向上させる!IDCフロンティアが提供する「ハイパフォーマンスデザインパック」の威力

  10. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

アクセスランキングをもっと見る