人生にゲームをプラスするメディア

【IEMシンガポール体験】『StarCraft II』『League of Legends』世界トーナメントの模様をレポート!

大手eスポーツ団体ESLの象徴的な大会として知られるIEM。先週末、同イベントでは初の開催地となるシンガポールにてインターナショナルトーナメントが実施。その体験ツアーに参加することができたので、現地の模様やイベントに携わる関係者を取材してきました。

その他 全般
【IEMシンガポール体験】『StarCraft II』『League of Legends』世界トーナメントの模様をレポート!
  • 【IEMシンガポール体験】『StarCraft II』『League of Legends』世界トーナメントの模様をレポート!
  • 【IEMシンガポール体験】『StarCraft II』『League of Legends』世界トーナメントの模様をレポート!
  • 【IEMシンガポール体験】『StarCraft II』『League of Legends』世界トーナメントの模様をレポート!
  • ライブストリーミングで試合を中継するステージ裏の放送席。Twitch.tv上のチャンネルで何十万ものファンが試合を観戦している
  • 手の控え室。大会のオペレーションもこの奥で行われておりステージが使用中の際はここで『SC2』の試合が実施されることも
  • 【IEMシンガポール体験】『StarCraft II』『League of Legends』世界トーナメントの模様をレポート!
  • SK Gaming所属の『LoL』プレイヤーで人気者のocelote。(右)今回試合には出場せず、解説者・ゲストとして参加
  • 対戦中の緊迫した場面では選手が絶叫したり雄叫びを上げることも
大手eスポーツ団体Electronic Sports League(ESL)の象徴的な大会として知られるIntel Extreme Masters(IEM)。先週末、同イベントでは初の開催地となるシンガポールにてインターナショナルトーナメントが実施。スポンサーを務めるBenQと共に、その体験ツアーに参加することができたので、現地の模様やイベントに携わる関係者を取材してきました。

まずは、Intel Extreme Mastersシンガポール大会の概要、そして実際の会場の様子や盛り上がりの雰囲気を、写真や動画でご紹介していきたいと思います。

IEMは、2007年頃からヨーロッパ圏を中心に勢力を拡大してきたeスポーツ大会のブランドで、第7シーズンを迎えた今回のトーナメントはGlobal Challengeといい、ワールドチャンピオンシップへの前哨戦として世界各国で開かれる巡業大会のような位置付け。主催者であるESLやIntelの「新たなテリトリーに進出したい」という狙いで、初となるシンガポールが開催地に選ばれました。

チャンギ空港近くにあるシンガポールExpoホール内では、別の大規模な電化製品のマーケットイベントSITEX 2012が開催中で、IEM会場はその中のブースのひとつとして設置。



今回の大会で種目に選ばれているのは、いずれもRTS系タイトルの『League of Legends』と『StarCraft II』。賞金総額は両種目合わせて8万2,000ドル(日本円で約674万円)に上り、世界各国から集まり予選を勝ち抜いた『LoL』8チームと『SC2』プレイヤー24名が激戦を繰り広げ、素晴らしいプレイが飛び出す度に、会場中に大きな歓声が沸き上がっていました。


試合の合間にはoceloteとのジャンケン大会でファンが大盛り上がり。最終日にはプロゲーマーと司会者が入り乱れての『SC2』FFAマッチも行われた。

尚、IEMシンガポールのレポートは、この後、スポンサー、大会主催者、プロゲーマー、それぞれの視点で、さらに詳しくご紹介していきたいと思います。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 3,000万円を投資したコレクターが語る「セーラームーン」!Vol.11 映画でも話題、「セーラーサターン」の貴重な変身シーンを収めた「セガサターン」のソフトを発掘!

    3,000万円を投資したコレクターが語る「セーラームーン」!Vol.11 映画でも話題、「セーラーサターン」の貴重な変身シーンを収めた「セガサターン」のソフトを発掘!

  2. 東方Project第18弾『東方虹龍洞』発表! 霊夢、魔理沙、咲夜、早苗の4人が異変に臨む─“能力”を任意で装備する、挑戦的システムを採用

    東方Project第18弾『東方虹龍洞』発表! 霊夢、魔理沙、咲夜、早苗の4人が異変に臨む─“能力”を任意で装備する、挑戦的システムを採用

  3. ニンテンドースイッチのソフトはどうやって購入するの?ダウンロード版やお得な買い方をまるっと解説

  4. 『電脳戦機バーチャロン』シリーズの生みの親である亙重郎氏がセガを退職―シリーズの今後については「皆さんと一緒に見守りたい」

  5. 『FGOアーケード』完全独自の第六特異点「騎勲渇仰遠征 ロスト・エルサレム」発表!見覚えがない新サーヴァントのシルエットも…

アクセスランキングをもっと見る