人生にゲームをプラスするメディア

新卒3年目が責任者 若手チームで開発した無料通話アプリ「comm」

ゲームビジネス 人材

comm戦略室 室長の山敷守氏
  • comm戦略室 室長の山敷守氏
  • 高音質な無料通話アプリ
  • 無料通話には強いニーズがあった
  • ユーザーは品質には満足してなかった
  • そこで高音質な無料通話アプリを開発へ
  • ユーザーからの評価は高い
  • アンケート調査でも
  • commの様々な機能
ディー・エヌ・エーが先月末から提供している無料通話アプリ「comm」。本日開催されたスタート発表会では、守安社長の口から、本アプリの開発が新卒1、2、3年目といった若手チーム中心で行われ、責任者も新卒3年目の社員が担当したことが明らかにされました。

その責任者を務めるcomm戦略室 室長の山敷守氏は「comm」開発の経緯について、ユーザーの無料通話アプリに対するニーズの高さ、そして現状のアプリに対する不満が原点になったと述べました。

発表会で示された、調査会社マクロミル調べの「無料通話・チャットアプリに関するアンケート」によれば、「通話の接続状態が悪い」「通話の音声品質が悪い」といった点にユーザーの不満が集中しました。「comm」の開発に当たっては、この不満を解消することが第一の目標となり、キャッチコピーも「高音質な無料通話アプリ」と"高音質"というキーワードを訴求するものとなっています。

先月23日にリリースされて以来、初日にAppStoreの無料総合ランキングで1位を獲得したほか、GooglePlayにおいても31日に人気の新着アプリランキング(無料)で1位を獲得しています。山敷氏はレビューなどでユーザーからは高評価が寄せられていると述べました。

調査会社のクロスマーケティングが実施した競合の「LINE」「Kakao Talk」との比較においても、「相手に確実につながる」「雑音が入ってこず、聞こえやすい」「通話が途切れない」「はっきり聞こえる」といった項目で他のアプリよりも高い評価を受けたそうです。

「comm」は積極的なプロモーション展開も計画し、2013年中頃までに国内1000万ダウンロードを目指します。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  3. 米評論家がゲーム配信文化を疑問視 「現実世界こそ最も興味深いゲーム」

    米評論家がゲーム配信文化を疑問視 「現実世界こそ最も興味深いゲーム」

  4. 【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

  5. バンダイナムコ、欧州アタリの販売部門を完全買収へ

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  7. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 【SIGGRAPH ASIA 2009】業界関係者は必見、セガの人材教育

  10. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

アクセスランキングをもっと見る