人生にゲームをプラスするメディア

マリオ生みの親、任天堂の宮本茂氏がスペイン皇太子賞を受賞・・・セレモニーにはあの兄弟も

任天堂専務で、マリオシリーズの生みの親である宮本茂氏が、10月26日にスペインで開催されたアストゥリアス皇太子賞の授賞式に参加し、長年のゲーム開発の功績が認められて同賞「コミュニケーションおよびヒューマニズム部門」を授賞しました。

任天堂 その他
ルイージとマリオに囲まれる宮本氏
  • ルイージとマリオに囲まれる宮本氏
  • ガッツポーズを見せる
  • 授賞式の様子
  • サイン攻めにあっています
  • 「宮本さんおめでとう!」の文字も。
任天堂専務で、マリオシリーズの生みの親である宮本茂氏が、10月26日にスペインで開催されたアストゥリアス皇太子賞の授賞式に参加し、長年のゲーム開発の功績が認められて同賞「コミュニケーションおよびヒューマニズム部門」を授賞しました。

アストゥリアス皇太子賞とは世界でも最も名誉ある賞の1つで、別名スペイン皇太子賞とも呼ばれています。科学、技術、文化、社会の分野において国際的に活躍し、人類に貢献していると見なされた個人、機関、組織に対し部門毎に賞品や賞金5万ドルが寄与されます。

同賞を運営管理するアストゥリアス皇太子財団によると、宮本氏の受賞理由について「現代のゲームの父であるだけでなく、豊富な想像力によって、思想・民族・国家を超えて、あらゆる世代の人々が相互に交流できる、新たな形のコミュニケーションやつながりを創造することを成し遂げた」と述べています。

また、宮本氏は同賞の公式ホームページにて、授賞に際し以下のコメントを発表しています。

「アウストゥリア皇太子賞のコミュニケーションおよびヒューマニズム部門に選出されたとの一報をうけ、とても光栄に思っています」

「ゲームの開発作業はチームの協力によるところが大きく、名誉高い賞に個人で選出されたということに少し謙遜する気持ちもあります。ですから、友達や長年共にゲーム開発を共にしてきた仲間全員を代表して受け取りたいです」

「今後もずっと、テレビゲームが全世界のあらゆる世代の人々に喜びや楽しみを提供できるように、私も努力を続けていきたいと思います」



なお、YouTubeで公開中の動画では、セレモニーやカンファレンス、文化行事としても名高い同賞の授賞式での宮本氏の様子を見ることができます。街中のあちこちで授賞を祝福する様子や、マリオやルイージもセレモニーに駆けつけていますので、ぜひ見てみてください。
《宮崎 紘輔》

タンクトップおじさん 宮崎 紘輔

Game*Spark、インサイドを運営するイードのゲームメディア及びアニメメディアの事業責任者でもあるただのニンゲン。 日本の新卒一括採用システムに反旗を翻すべく、一日18時間くらいゲームをしてアニメを見るというささやかな抵抗を6年続けていたが、親には勘当されそうになるし、バイト先の社長は逮捕されるしでインサイド編集部に無気力バイトとして転がり込む。 偶然も重なって2017年にゲームメディアの統括となり、ポジションが空位になっていたGame*Sparkの編集長的ポジションに就くも、ちょっとしたハプニングもあって2022年7月をもって編集長の席を譲る。 夢はイードのゲームメディア群を日本のゲーム業界で一目置かれる存在にすること、ゲームやアニメを自分達で出すこと(ウィザードリィでちょっと実現)、日本武道館でライブすること、グラストンベリーのヘッドライナーになること……など。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

    【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  2. 『あつまれ どうぶつの森』一晩全力で虫取り・魚釣りに挑んだら何ベル稼げるのか? 高額生物に絞って離島ツアーで大儲け!

    『あつまれ どうぶつの森』一晩全力で虫取り・魚釣りに挑んだら何ベル稼げるのか? 高額生物に絞って離島ツアーで大儲け!

  3. 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

    『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

  4. 『星のカービィ スターアライズ』このコピー能力が強い!8選

  5. 『あつまれ どうぶつの森』公式映像から学ぶ10の島デザインテクニック! 小さな技術がおしゃれを生む!

  6. 家の中でも旅行はできる!『ゼルダの伝説 BotW』を旅レポ風にお届け─クリア済でも見逃してた観光ポイントがあるかも?

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

  9. 『モンハンライズ』見た目が好きな男性防具一式は?「ミツネ」「赫耀」を抑えた“和風衣装”がトップ

  10. アルセウスイベントの他にも!『ポケモン』シリーズで“お蔵入り”した要素3選

アクセスランキングをもっと見る