人生にゲームをプラスするメディア

マリオ生みの親、任天堂の宮本茂氏がスペイン皇太子賞を受賞・・・セレモニーにはあの兄弟も

任天堂 その他

ルイージとマリオに囲まれる宮本氏
  • ルイージとマリオに囲まれる宮本氏
  • ガッツポーズを見せる
  • 授賞式の様子
  • サイン攻めにあっています
  • 「宮本さんおめでとう!」の文字も。
任天堂専務で、マリオシリーズの生みの親である宮本茂氏が、10月26日にスペインで開催されたアストゥリアス皇太子賞の授賞式に参加し、長年のゲーム開発の功績が認められて同賞「コミュニケーションおよびヒューマニズム部門」を授賞しました。

アストゥリアス皇太子賞とは世界でも最も名誉ある賞の1つで、別名スペイン皇太子賞とも呼ばれています。科学、技術、文化、社会の分野において国際的に活躍し、人類に貢献していると見なされた個人、機関、組織に対し部門毎に賞品や賞金5万ドルが寄与されます。

同賞を運営管理するアストゥリアス皇太子財団によると、宮本氏の受賞理由について「現代のゲームの父であるだけでなく、豊富な想像力によって、思想・民族・国家を超えて、あらゆる世代の人々が相互に交流できる、新たな形のコミュニケーションやつながりを創造することを成し遂げた」と述べています。

また、宮本氏は同賞の公式ホームページにて、授賞に際し以下のコメントを発表しています。

「アウストゥリア皇太子賞のコミュニケーションおよびヒューマニズム部門に選出されたとの一報をうけ、とても光栄に思っています」

「ゲームの開発作業はチームの協力によるところが大きく、名誉高い賞に個人で選出されたということに少し謙遜する気持ちもあります。ですから、友達や長年共にゲーム開発を共にしてきた仲間全員を代表して受け取りたいです」

「今後もずっと、テレビゲームが全世界のあらゆる世代の人々に喜びや楽しみを提供できるように、私も努力を続けていきたいと思います」



なお、YouTubeで公開中の動画では、セレモニーやカンファレンス、文化行事としても名高い同賞の授賞式での宮本氏の様子を見ることができます。街中のあちこちで授賞を祝福する様子や、マリオやルイージもセレモニーに駆けつけていますので、ぜひ見てみてください。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ向けアケコン「リアルアーケードPro.V HAYABUSA」は7月発売に、詳細情報が公開

    スイッチ向けアケコン「リアルアーケードPro.V HAYABUSA」は7月発売に、詳細情報が公開

  2. 『ARMS』体験会で勝率1位のファイターは「メカニッカ」!強靭なボディとパワーが勝利の秘訣?

    『ARMS』体験会で勝率1位のファイターは「メカニッカ」!強靭なボディとパワーが勝利の秘訣?

  3. スクエニ、 Project SETSUNAの第2弾『ロストスフィア』を発表! 世界を取り戻す戦いがスイッチ/PS4に登場

    スクエニ、 Project SETSUNAの第2弾『ロストスフィア』を発表! 世界を取り戻す戦いがスイッチ/PS4に登場

  4. スイッチ向け「モンハンXX スペシャルパック」がイーカプで予約開始―即品切れ状態に…【UPDATE】

  5. 『ARMS』6月3日・4日の「のびーるウデだめし」では「バスケット」「マトアテ」もプレイ可能

  6. 【Wii U DL販売ランキング】首位『ゼルダ』以下TOP3が順位をキープ、『ドラゴンクエストX』にも注目が集まる(5/29)

  7. 『スプラトゥーン2』新キャラ「コジャッジくん」ぬいぐるみ化が決定!「ジャッジくん」のビッグサイズぬいぐるみも

  8. スイッチ版『モンハン ダブルクロス』ニュースまとめ ─ 予約情報・最新映像・セーブデータ仕様などをチェック

  9. 一番くじ「Pokemon Collectionくじ 2017」景品画像が公開、かわいすぎるぬいぐるみや雑貨が勢揃い

  10. 【プレイレポ】『ARMS』先行オンライン体験会から見えた可能性とネック ─ 問題は「いいね持ち」か

アクセスランキングをもっと見る