人生にゲームをプラスするメディア

【プレゼント】石渡氏描き下ろしイラストも!『BLZABLUE』『GUILTY GEAR』などのオリジナルカード同封カードホルダー

今回のプレゼントは、東京ゲームショウ2012にてアークシステムワークスブースで配布されたカードホルダーです。

その他 全般
MAGICAL BEAT
  • MAGICAL BEAT
  • ラグナ、ノエル、テイガー、アラクネ
  • 『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』の新キャラクター3人
  • ジン、タオカカ、ライチ、カルル
  • ハクメン、ハザマ、プラチナ、アマネ
  • ツバキ、ヴァルケンハイン、レリウス、アズラエル
  • レイチェル、バング、バレット、マコト
  • ソル、カイ、アクセル、エディ
今回のプレゼントは、東京ゲームショウ2012にてアークシステムワークスブースで配布されたカードホルダーです。

このカードホルダー、ただのカードホルダーではありません。東京ゲームショウ2012のアークシステムワークスブースで展示されていたゲームを全て試遊し、パブリックデイに実施されたステージを観覧した先着100名にしか手に入らないという激レアなカードホルダーなのです。

気になるカードホルダーの中身は・・・、

同社の人気格闘ゲーム『BLAZBLUE』シリーズの最新作で、今冬にアーケードで稼働予定の『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』から全キャラクターのイラストカードが20枚。
同じく、同社の格闘ゲームで2D格闘ゲーム最高峰と名高い『GUILTY GEAR』シリーズから全キャラクターのイラストカードが25枚。
今秋にMobageで公開予定の対戦型ソーシャルゲーム『ダマスカスギヤ』からロボットのイラストカード3が枚。
GREEにて配信中の女性向け恋愛ゲーム『キミに捧げる☆恋Beat』からキャラクターのイラストカードが4枚。
ニンテンドー3DSダウンロードソフト『おきらくシリーズ』からイラストカード4枚。
今もなお根強い人気を誇る、ニンテンドー3DSソフト『熱血硬派くにおくん』から、くにおくんやりきのカードが4枚。
PlayStation Storeより配信中の『とってもE麻雀』からヒロインのカードが3枚。
アーケードにて稼働中の対戦パズルゲーム『MAGICAL BEAT』から2枚。

全部で65枚が同封されています。

さらに、『GUILTY GEARのカードの背面に描かれたイラストをつなぎ合わせると、同シリーズの生みの親であり、BGM作成から主人公のソルの声を担当する石渡太輔さんの描き下ろしイラストが現れます。
ファンにはたまりませんね。

この激レアなカードホルダーを読者3名様にプレゼントいたします。プレゼントを希望される方は、下記よりご応募ください。

プレゼントが欲しい人は、利用規約を読んで同意した人のみ、名前(HN可)を記載の上、題名に「カードホルダー ポスタープレゼント希望」と明記して「webmaster@inside-games.jp」までお送りください。当選者には折りかえしメールでお返事を差し上げます。

■利用目的
・メールでお送り頂いた個人情報は、プレゼント当選の発送のみ使用します。
・メールをお送り頂いた方のみ、プレゼント当選の対象とさせていただきます。

■個人情報について
・プレゼントの発送の為であり、それ以外の目的では利用いたしません。
・弊社の個人情報保護についての考え方を記載した個人情報保護についてをお読みください。
http://www.iid.co.jp/company/pp.html
・個人情報の預託は予定されておりません。
・個人情報の第三者への提供はありません。
・プレゼントの発送後、個人情報は破棄します。


上記内容を承諾し、弊社の「個人情報保護方針」に同意いただいた場合のみ応募してください。
締切は10月4日まで。
《編集部》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

    ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

  3. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

    【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  4. 「ゲームの都」を目指す仙台市ー”オモシロイ”を創造するビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  5. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  6. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  7. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  8. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  9. 「お稲荷JKたまもちゃん!」のキャラは実在する?―吉田輝和がゲーム雑談しつつユウキレイ先生に色々訊いた!【漫画特集】

  10. 【何なのだ、これは!】鬼才、ヨコオタロウ氏が手掛けたゲーム作品まとめ【どうすればいいのだ?!】

アクセスランキングをもっと見る