人生にゲームをプラスするメディア

『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!

その他 全般

『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
  • 『第2次スーパーロボット大戦OG』TGS2012ステージイベント開催、JAM Projectなどによるライブも!
バンダイナムコゲームスは、9月20日~23日に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2012」にて『第2次スーパーロボット大戦OG』のステージイベントを開催することを発表しました。

『スーパーロボット大戦』シリーズのチーフプロデューサー・寺田貴信氏による『第2次スーパーロボット大戦OG』の実機デモが行われるほか、マサキ・アンドー役の緑川光氏、ライディース・F・ブランシュタイン役の置鮎龍太郎氏、イング役の岡本寛志氏による豪華声優陣のトークショーも行われるとのことです。

また、JAM Projectや美郷あき氏ら豪華アーティスト陣によるスペシャルライブも行われるとのことなのでこちらも要チェックです。ステージ観覧には当日配布の整理券が必要ということなので、確実に見たいという方は早めにゲットしに行きましょう。

なお、このステージの模様はバンダイナムコゲームスの東京ゲームショウ2012特設サイト内にて生配信される予定なのでどうしても見に行けないという方はこちらも是非チェックしてみてください。

・実施日
9月22日(土)15時30分~

・会場
幕張メッセ国際展示場 バンダイナムコゲームスブース内ステージ
参加方法
ステージ観覧希望の方へ当日整理券を配布予定(詳細は近日発表予定)

・放送
9月22日(土)15時30分~生配信予定
バンダイナムコゲームス東京ゲームショウ2012特設サイト内を予定

・出演者
寺田貴信
(『スーパーロボット大戦』シリーズ チーフプロデューサー)

■声優
緑川光(マサキ・アンドー役)
置鮎龍太郎(ライディース・F・ブランシュタイン役)
岡本寛志(イング役)

■アーティスト
JAM Project
美郷あき
※順不同・敬称略

『第2次スーパーロボット大戦OG』は2012年11月29日発売予定。価格は通常版が8,379円(税込)、限定版が41,790円(税込)です。

(C)SRWOG PROJECT
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

    「セガサターン体組成計」発売するも即品切れ状態に―セガの中の人も購入できず

  2. 「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

    「私、強いよ」ー『ナルティメットストーム』をやりこむ中国人気コスプレイヤー茶叶小果に聞く中国オタク事情

  3. 『プロジェクトイーブイ』応援企画-人気イラストレーターによるオリジナルトレーナーを公開!

    『プロジェクトイーブイ』応援企画-人気イラストレーターによるオリジナルトレーナーを公開!

  4. Unityカンファレンスイベント「Unite Tokyo 2018」にキズナアイが出演!―会場ではグッズ販売も

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. USJ「バイオハザード・ザ・エスケープ」体験レポ…凄まじい“リアル脱出ゲーム”だから絶対行け!

  7. 【特集】いまさら聞けない「ガルパン」の魅力 ― ファンの心をグッと掴んで離さない“魅せ方”とは

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 海外ファンが描いたアニメ風『ゼルダの伝説』

アクセスランキングをもっと見る