人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、クラウドゲーミングサービスを開始、『ヒットマン』などを無料提供

スクウェア・エニックスはクラウドゲーミングサービス「Core Online」を開始しました。Core Onlineは同社の対象タイトルをブラウザ上でプレイする事が可能となり、現在ローンチタイトルとして『Hitman: Blood Money』と『Mini Ninjas』が公開されています。

その他 全般
本日スクウェア・エニックスはクラウドゲーミングサービス「Core Online」を開始しました。Core Onlineはスクウェア・エニックスの対象タイトルをブラウザ上でプレイする事が可能となり、現在ローンチタイトルとして『Hitman: Blood Money』と『Mini Ninjas』が公開されています。

本サービスではゲーム開始後の10分間無料でプレイをする事が可能となり、制限時間終了後はステージ度に0.49ドルもしくは4.99ドルでのフルゲームアンロックを行う事でゲームの継続が可能。また、課金の他にも広告を観覧する事によって最大60分プレイ時間を延長する事も出来るので課金をしなくてもエンディングまでプレイする事も可能。その他にもクラウド上でのセーブデータ保存や、タイトル毎の実績、PDFのマニュアル等も用意されているようです。

現在は上記2作品のみの公開となりますが、近日中には『Tomb Raider:Underworld』、『Gyromancer』の配信も予定されているようなので、今後のどのようなサービスが展開していくのか期待が集まっています。尚、プレイに必要なクライアントも公式ページにて無料で公開されているので興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. DMM GAMESが日本最大の小説コンテスト「ネット小説大賞」に協賛決定!受賞作品はゲーム化を検討

    DMM GAMESが日本最大の小説コンテスト「ネット小説大賞」に協賛決定!受賞作品はゲーム化を検討

  2. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  3. 『ペルソナ5』の「モルガナ」がじゃがりこ誕生23周年お祝いイラストを公開!「じゃがお」への特別なプレゼントも

  4. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』嬉しい布石が見えたアップデートに関心集まる─手塚キャラの美少女化ゲーム『絵師神の絆』の続報も注目の的

  5. 「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る