人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ

中国市場でも高い人気を誇るエレクトロニック・アーツ。China Joy 2012でも大きなブースを出して来場者を集めていました。また、今年からは昨年秋に買収したポップキャップ(PopCap)ブランドのタイトルも展示。こちらも存在感を放っていました。

その他 全般
【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
  • 【China Joy 2012】EA & PopCapブースはデジタルタイトルがズラリ
中国市場でも高い人気を誇るエレクトロニック・アーツ。China Joy 2012でも大きなブースを出して来場者を集めていました。また、今年からは昨年秋に買収したポップキャップ(PopCap)ブランドのタイトルも展示。こちらも存在感を放っていました。

EAブランドで大きく取り扱われていたのは『バトルフィールド オンライン』『ニード・フォー・スピード ワールド』の2タイトル。どちらも基本無料のPC向けタイトル。お国柄を反映しているようです。日産の中国市場向け「TIIDA GTS 2012」も展示され、華やかな雰囲気を放っていました。スマートフォンやタブレット向けのゲームも大きく扱われていて、『FIFA 12』や『MASS EFFECT INFILTRATOR』などが注目を集めていました。

昨年秋にEAが買収したカジュアルゲームメーカー、ポップキャップ(PopCap)のタイトルもブースには並びました。可愛らしいキャラクターが印象的なタワーディフェンス『Zombie VS. Plants』はここ中国でも非常に大きな人気を誇っています。蛇足ですが、本作のキャラクターグッズ展開のきっかけは中国で、海賊版でなかなか収益が得られない中、模索されたのがグッズだったそうです(詳しくは近日掲載予定のポップキャップのインタビューで)。

30周年を迎えたエレクトロニック・アーツ。デジタル分野への投資を加速させていくことを表明していますが、それを象徴するようなブースでした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  2. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  3. 『UNDERTALE』の気になる食べ物10選、これ本当に食べ物なの!?

    『UNDERTALE』の気になる食べ物10選、これ本当に食べ物なの!?

  4. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 「東京ゲームショウ 2018」ビジネスデイ開幕!出展社数は668の圧倒的過去最大規模【TGS2018】

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【申込み締め切りました】東京ゲームショウの後に編集部と交流会しようぜ!『ULTRA BLACK SHINE』inumoto先生描き下ろしイラストTシャツがお土産【読者の皆さまへ】

  9. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

アクセスランキングをもっと見る