人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見

その他 全般

【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
  • 【China Joy 2012】PSVitaそっくりな3G搭載携帯ゲーム機「MUCH」を発見
China Joy 2012の会場を歩いていると携帯ゲーム機が置かれたブースを発見しました。ホワイトがまぶしくPSVitaそっくりなこのゲーム機は「MUCH」という名称で、既に中国国内では発売済みだそうです。

「MUCH」は、中心に5インチのHD液晶、左右にスライド式スティック、右側には4つのボタン、左側には十字キーが備わっています。右下に「MUCH」のロゴが入っている以外、見た目は細部の意匠までPSVitaそっくりです。

この「MUCH」はゲームに特化したAndroid2.3搭載のデバイスで、3Gを内蔵。通信料金は従量制ですが、いつでもストアからゲームをダウンロードして遊ぶ事ができます。Androidに対応したゲームであれば基本的に動作可能のようで、ブースではどこかで見たようなロゴも見られました。もちろん各種アプリも動作し、Weibo(中国版ツイッター)、QQ(メッセンジャー)など中国のメジャーサービスも利用できます。

映像は1080PのHDに対応、HDMI端子からの外部出力も可能、16GBの保存領域を内蔵し数多くのゲームをダウンロード可能です。ハード性能としては、CPUは1GHzのARM Cortex-A8、GPUはPowerVR SGX540、メモリは512MBを搭載しています。

ブースではソファーに座ってゲームに興じる人が多数。TencentのブースでもAndroidアプリの展示の場所に1台だけ「MUCH」を使用しているものがありました。実はポピュラーなのかもしれません。筆者も触ってみましたが、ゲームは遊び易いですね。なんといっても"いいとこ取り"ですからね。

価格は1600元(2万2000円ほど)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

    『モンスターハンター もふもふわーるど』開催-テトルーやプーギーが可愛く登場♪

  2. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

  3. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

    アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  4. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  5. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  6. DMM.comが合同会社に組織変更、DMM.comラボとの合併も明らかに─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  7. ガンダムシリーズ最新作「NT」発表! 福井晴敏による脚本で「UC」のその先を描く

  8. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. サバイバルゲームは現代人に飢えを思い出させてくれる ─ そしてその楽しみは“一瞬のきらめき”【コラム】

アクセスランキングをもっと見る