人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2012】上海のナムコ・ゲームセンターに遊びに行ってみた・・・ナムコは「南夢宮」

こんばんわ。日本よりも1時間前の世界からお届けしています。目覚しい発展を遂げた上海の中でも中心的な存在となっている浦東地区。オフィスビルが並び、高級デパートが立地しています。そんな浦東地区で見慣れた看板を発見したので早速訪れてみました。

その他 全般
ナムコのゲームセンター
  • ナムコのゲームセンター
  • 日本発祥(だった)ヤオハン百貨店
  • 看板に見慣れたロゴが
  • 上海南夢宮電子遊戯世界
  • UFOキャッチャーはやはり定番
  • プリクラも忘れられません
  • UFOキャッチャーの景品は日本でも違和感ない内容
  • こちらもUFOキャッチャー
こんばんわ。日本よりも1時間前の世界からお届けしています。目覚しい発展を遂げた上海の中でも中心的な存在となっている浦東地区。オフィスビルが並び、高級デパートが立地しています。そんな浦東地区で見慣れた看板を発見したので早速訪れてみました。

その看板があったのは「上海第一八佰半百貨店」というデパート。ロゴには「YAOHAN」の文字。全盛期には世界で約100店舗を運営していたヤオハンが1995年に開業したデパートで、当時は世界第2位の規模を誇ったとか。国内では名前を消したヤオハンですが、ここ上海では地元資本となりながらも活気を残していました。

ヤオハンの10階のテナントとして映画館やカラオケと並んでいたのはナムコのゲームセンターです。ナムコは中国語では「南夢宮」と書くようです。夢の宮とは良い名前です。

作りは日本のゲームセンターによく似ています。入り口付近にはUFOキャッチャーとプリクラマシン。UFOキャッチャーの景品は「ここは日本」と言われても気づかないかもしれません。プリクラはこちらでも若い女性に人気のようです。

日本と異なるのは全ての機会がメダルで遊ぶ仕様になっていることです。入口付近のカウンターでメダル1枚を1元で交換してくれます(メダルマシンは無いようでした)。ちなみに1元は日本円で13円ほどで、ペットボトル(500m)のジュースが3~4元くらいで、軽い食事は20~30元くらいあれば満腹になれるような物価感覚です。UFOキャッチャーはメダル1枚、ビデオゲームはメダル2~3枚、というような感じです。

ビデオゲームでは『鉄拳』『頭文字D』『湾岸ミッドナイト』『マリオカート』『太鼓の達人』といったタイトルが並んでいました。『太鼓の達人』では日本版と並んでアジア版も用意されていて、収録されているゲームが異なるようでした。レースゲームの人気が高いのか、タイトル数も筐体の数も多いように感じましたね。

お店の奥はメダルゲームのコーナー。といってもメダル落としがメインで、余り種類があるわけではありませんでした。メダルゲームではメダルを落とすとクーポンが貰える仕組みになっていて、クーポンの数を集めると景品と交換できるようになっていました。メダルゲーム以外にも一部の体感系のゲームでクーポンに対応しているようでした。筆者も10枚ほど集めたのですが、10枚で交換できるアイテムは無いようでした・・・。

ナムコのゲームセンターということもあってか日本と雰囲気は同じでしたが、クーポンで景品と交換できるというのは面白いですね。以前訪れたアメリカのゲームセンターでも同様でしたので、地域によってはアリなのかもしれません。平日の夕方でしたがお客さんも多く賑わっているようでした。上海を訪れた際には是非チェックしてみては。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

    テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. 『ドラクエ』映画公式による“ビアンカVSフローラ”の花嫁アンケートが開催!リプ欄には「デボラ/ルドマン派」も登場し盛り上がる

  4. 【週刊インサイド】『ニンテンドースイッチ ライト』購入意欲アンケートに読者の関心が集中! 「サマーウォーズ」OZを再現するアプリや、中国レイヤーへのインタビューも話題に

  5. 『遊戯王OCG』カードの種類が1万種を突破!記念商品発売や新作アニメ制作が決定

アクセスランキングをもっと見る

1