人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンとバンジー、新作SFアクションシューター『Distiny』を4作品制作

マイクロソフト Xbox360

ロサンゼルスタイムズがアクティビジョンとバンジーが結んだ契約の内容を報じています。これはアクティビジョンとInfinity Wardの創業者Jason West氏とVince Zampella氏の訴訟の中で提示されたもの。

2010年に提携したアクティビジョンと『Halo』シリーズの開発元であるバンジー。契約書によれば、バンジーは「SFファンタジー、アクションシューター」のコードネーム『Distiny』を2013年秋から毎年4作品制作。同タイトルはまずXbox360で独占的に発売され、のちにXboxの後継機やPS3でも発売される計画。さらにDLCの拡張パック、コードネーム『Comet』も2014年秋から毎年制作される予定。

アクティビジョンは開発費として毎年2億5000万ドルを支払い、バンジーはゲーム発売後に開発費やマーケティング費用を控除した売上から20-35%を受け取る契約。第一作目がメタスコア(GameRankings.com)で90点以上を獲得した場合にはボーナスとして更に2億5000万ドルが支払われます。

また契約ではバンジーは同社が過去に開発していたFPS『Marathon』(マラソン)の制作も行うことが明記されています。まずはこのプロトタイプを制作するために、5%以下のスタッフを投入するとのこと。

ついに明らかになってきたアクティビジョン/バンジーのタイトル。発売はまだ先ですが、期待したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 『テイルズ オブ ヴェスペリア』リマスター版 『Tales of Vesperia Definitive Edition』発表!【E3 2018】

    『テイルズ オブ ヴェスペリア』リマスター版 『Tales of Vesperia Definitive Edition』発表!【E3 2018】

  2. Xbox One向け『ニーア オートマタ』発表!発売は6月26日【E3 2018】

    Xbox One向け『ニーア オートマタ』発表!発売は6月26日【E3 2018】

  3. フロム新作和風アクションADV『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発表!【E3 2018】

    フロム新作和風アクションADV『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発表!【E3 2018】

  4. 『Gears of War』シリーズ最新作『Gears 5』発表!【E3 2018】

  5. 車で世界一周旅行しませんか?『Colin McRae:DiRT 2』収録コースやレースタイプを紹介

  6. 世界で人気を博している『Minecraft』のパッケージ版を購入 ― 開けてビックリ、中身はなんと!

  7. 【Xbox One発売】前日・当日の都内状況まとめ(4日13時更新)

  8. Xbox One『黄泉ヲ裂ク華』発売延期、2018年夏頃に─ジャンルもダンジョンRPGに変更

  9. サバイバルアクション『Dying Light 2』発表!様々なファクションが入り乱れる世紀末

  10. 【TGS2009】小島秀夫、稲船敬二、名越稔洋・・・大物クリエイターが語る「Project Natal」

アクセスランキングをもっと見る