人生にゲームをプラスするメディア

「るろうに剣心―キネマ版―」ジャンプSQ.にて連載開始

その他 全般

(c)「ジャンプスクエア」2012年6月号/集英社
  • (c)「ジャンプスクエア」2012年6月号/集英社
  • 実写映画『るろうに剣心』
シリーズ累計5400万部発行、日本だけでなく世界各国で絶大な人気を持つマンガ『るろうに剣心』が、2012年に新たなかたちになって動き出す。集英社「ジャンプSQ.」は、5月2日発売の「ジャンプスクウエア」6月号にて和月伸宏さんの描く『るろうに剣心―キネマ版―』の連載をスタートした。
本作は著書自身によるセルフリメイクとも言えるものとなっている。「-キネマ版-」と題することで、剣心の物語を一から紡ぎ直す。ファン必見の作品と言っていいだろう。

物語は幕府と維新志士たちが闘いを繰り広げていた時代、剣客・緋村剣心は京都で「人斬り抜刀斎」と恐れられていた。そして、剣心は維新後、「不殺(ころさず)」を誓い、あてどなく旅する流浪人となっていた。しかし、東京で剣術に生きる少女と出会ったことから剣心の物語が動き出す。
新たな物語がどう描かれるのか、和月伸宏さんの挑戦から目が離せない。なお、8月には「週刊少年ジャンプ」に、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-第零幕』も掲載が予定されている。『るろうに剣心』のビュグイベントが続く。

さらにもうひとつの大きなイベントは、8月25日に全国公開される実写映画『るろうに剣心』だろう。主演に佐藤健さん、監督に大河ドラマ『龍馬伝』の大友啓史さんとビッグネームが並ぶ。原作者・和月伸宏さん絶賛する本作も注目だ。

るろうに電信 
http://www.j-rurouni.com/ 

『るろうに剣心―キネマ版―』
ジャンプスクエア6月号(5/2発売)にて
シリーズ連載スタート

『るろうに剣心』
2012年8月25日公開
配給: ワーナー・ブラザース映画 
www.rurouni-kenshin.jp

原作: 和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
監督: 大友啓史  
脚本: 藤井清美、大友啓史  
音楽: 佐藤直紀
製作: 「るろうに剣心」製作委員会  
制作プロダクション: C&Iエンタテインメント 

「るろうに剣心―キネマ版―」 新たな物語が始まる 和月伸宏が新連載 

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  3. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  4. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  7. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  8. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  9. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

アクセスランキングをもっと見る