人生にゲームをプラスするメディア

ゲームの中毒性を知るには遊ぶのが一番!NYTimesが広告も撃ち落とせるシューティングを掲載

その他 全般

米紙「ニューヨーク・タイムズ」は、ゲームの中毒性について述べた7ページの記事「Just One More Game ...」(日本語にすると"もう一回だけ"くらいでしょうか)にて記事内にシューティングゲームを用意するという荒業に出ています。

記事の冒頭では、ベルリンの壁が崩壊する数年前にロシア(当時のソ連)にて生み出されたあるゲームの権利を任天堂が獲得し、それがゲームボーイと一緒に売り出されて世界的なヒットとなったエピソードが紹介されます。『テトリス』と呼ばれたこのゲームは携帯ゲーム機との相性の良さもあり、数多の派生ゲームを誕生させ、自身も現在でも愛されます。

『テトリス』や『Angry Birds』そしてジンガの『ファームビレ』などに共通するものとして記事では「もう一回」と言いたくなってしまう中毒性にあると指摘。それを簡単に体験する手段として記事中にはシンプルなシューティングゲームが埋め込まれています。

「ENTERキー」を押せばゲームがスタート。上下左右のキーで砲台の方向をコントロール。「スペースキー」で弾を放ちます。広告も関連記事も撃ち落とせてしまいますが、本文だけはビクともしません。「ペンは剣より強し」ってことですかね?

スコアも表示されて競い合うこともでき、ゲーム要素も備えています。ぜひチェックしてみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ドラクエ』スライム型目薬の再販売が開始!―ロート製薬のコラボ限定品

    『ドラクエ』スライム型目薬の再販売が開始!―ロート製薬のコラボ限定品

  2. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』注目ギアパワー10選、『FGO』水着イベント第2部の開催が延期に、『ARMS』新ファイターの極秘映像…など(8/16)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』注目ギアパワー10選、『FGO』水着イベント第2部の開催が延期に、『ARMS』新ファイターの極秘映像…など(8/16)

  3. ピカチュウが大人イケメンに?―ピカチュウサンバイザーの意外な活用方法

    ピカチュウが大人イケメンに?―ピカチュウサンバイザーの意外な活用方法

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 【昨日のまとめ】『はねろ!コイキング』涙の最終アップデートを実施、『FGO』「デッドヒートサマーレース」第二部情報、『星のカービィ』歴代シリーズの紹介映像…など(8/15)

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  9. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る