人生にゲームをプラスするメディア

電子ゲーム機の操作器関連の特許、総合ランキングトップ3は任天堂・コナミ・ソニー

特許分析を行うパテント・リザルトは3月19日、操作器(コントローラ)の入力制御に特徴のある電子ゲーム機について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。

任天堂 Wii
 
  •  
  •  
  •  
特許分析を行うパテント・リザルトは3月19日、操作器(コントローラ)の入力制御に特徴のある電子ゲーム機について、参入企業の競争力に関する調査結果を発表しました。

1993年~2012年1月末の期間に日本の特許庁で公開された関連特許983件が対象で、現在と2006年末の2つの時点で調査を実施。各時点での競合状況を特許の質と量からカウントして「特許総合力ランキング」を集計したものとなっています。

その結果、1位が「任天堂」、2位「コナミデジタルエンタテインメント」、3位「ソニー・コンピュータエンタテインメント」という結果となりました。

1位の任天堂の注目度の高い特許としては、「操作器の動きを操作情報としてゲーム空間の状態を変化させるゲームシステムおよびそれに用いられるゲーム情報記憶媒体」などがありました。また直近5年間でみると、任天堂の権利者スコア(特許総合力)および出願件数が大きく増加しており、任天堂はこの分野に力を入れていることが判明したとのことです。

2位のコナミデジタルエンタテインメントの注目度の高い特許には、「野球ゲームにおいて接触入力式のモニタに表示されたキャラクタを迅速に移動させて操作感を向上させたゲームプログラム、ゲーム装置およびゲーム方法」などがあります。

3位のソニー・コンピュータエンタテインメントは、「ゴルフゲームのショット操作におけるパラメータ設定方法、パラメータ設定プログラム、パラメータ設定プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体、エンタテインメント装置」などがあげられていました。

それ以外では、4位「セガ」の「複雑なゲーム操作でも簡単に把握できるゲーム装置」、5位「バンダイナムコゲームス」の「ゲームコントローラによる複雑な操作手順を簡易に修得するためのゲーム画面表示方法、ゲーム音出力方法およびゲーム装置」などが、注目度の高い特許としてあげられるとのことです。なお6位以下には、キャメロット、新世代、スクウェア・エニックス、ソニー、バンダイ、マイクロソフト等の企業が上位にランクしています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

    『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  5. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  6. 『Ninjala』メディア対抗戦にINSide/GameSparkも参戦、読プレと“あるかもしれない副賞”をかけて激突─1位の奪取を! もしくは見せ場を!【TGS2018】

  7. 『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』12月13日発売決定─若き日の神宮寺三郎が活躍!

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  9. 「どの『モンハン』が一番好き? 携帯機編」結果発表─1位は4割超えの票を獲得! 圧倒的支持を得たタイトルは…

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る