人生にゲームをプラスするメディア

パックマンの3Dアニメ、海外で2013年に放送

その他 全般

『パックマン』の3Dアニメ放送時期が2013年に放送されることが明らかになりました。

『パックマン』は、1980年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)が発表したアーケードゲームで、その後家庭用ゲームとして、多くのプラットフォームに登場しました。国内はもちろん海外でも根強い人気があり、2010年には生誕30周年を記念して、Googleのトップページロゴがパックマン仕様になったこともあります。

今回のアニメ化は、「スマイダーマン」「アイアンマン」「ハルク」「X-メン」を手掛けたアヴィ・アラッド氏と「バイカーマイス」「X-メン エボリューション」などのアニメ作品を手掛けたリック・アンガー氏がプロデューサーとして参加する予定で、「スクービー・ドゥー」のトム・ルーガーとポール・ラグ氏が脚本を担当します。

「ディズニーXD」で2013年からの放映を予定しており、全26話各26分の3Dアニメになるということです。なお、制作費は1話につき60万ドル(約4800万円)が投入されるようで、かなり力の入った作品に仕上がりそうです。

日本での放映に関しては現在のところは未定ですが、バンダイが前面的にサポートするということですので、チャンスはあるかもしれませんね。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『アイドルマスター ミリオンライブ!』から初のドールが登場「ドルフィードリームシスター 七尾百合子」発売開始!

    『アイドルマスター ミリオンライブ!』から初のドールが登場「ドルフィードリームシスター 七尾百合子」発売開始!

  2. 『FGO Duel -collection figure-』第1弾・第2弾の発売日決定!「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」などが第3弾で登場

    『FGO Duel -collection figure-』第1弾・第2弾の発売日決定!「ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕」などが第3弾で登場

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』“ベヒーモス”配信日決定に視線集中! アステラ祭【納涼の宴】の幕開けや『スプラトゥーン2』Ver.3.2.0配信日も話題に

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case20「わくわく!宇宙サービスステーション その1」

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  8. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.2.0の注目ブキ8選、美しい中国コスプレイヤー・三刀【インタビュー】、『白猫プロジェクト』新作がスイッチに…など(7/14)

アクセスランキングをもっと見る