人生にゲームをプラスするメディア

パックマンの3Dアニメ、海外で2013年に放送

『パックマン』の3Dアニメ放送時期が2013年に放送されることが明らかになりました。

その他 全般
『パックマン』の3Dアニメ放送時期が2013年に放送されることが明らかになりました。

『パックマン』は、1980年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)が発表したアーケードゲームで、その後家庭用ゲームとして、多くのプラットフォームに登場しました。国内はもちろん海外でも根強い人気があり、2010年には生誕30周年を記念して、Googleのトップページロゴがパックマン仕様になったこともあります。

今回のアニメ化は、「スマイダーマン」「アイアンマン」「ハルク」「X-メン」を手掛けたアヴィ・アラッド氏と「バイカーマイス」「X-メン エボリューション」などのアニメ作品を手掛けたリック・アンガー氏がプロデューサーとして参加する予定で、「スクービー・ドゥー」のトム・ルーガーとポール・ラグ氏が脚本を担当します。

「ディズニーXD」で2013年からの放映を予定しており、全26話各26分の3Dアニメになるということです。なお、制作費は1話につき60万ドル(約4800万円)が投入されるようで、かなり力の入った作品に仕上がりそうです。

日本での放映に関しては現在のところは未定ですが、バンダイが前面的にサポートするということですので、チャンスはあるかもしれませんね。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

    『FGO』キャスター/ニトクリスがねんどろいど化!―公式ストア予約特典は「メジェドさま フケイ デアルゾVer.」

  2. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

    【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

  3. 【今日のゲーム用語】「補正切り」とは ─ 対戦格闘ゲームにおける、上級者向けのテクニック

  4. ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

  5. アニメ化してほしいゲームは?【家庭用編】3位「ゼルダの伝説」、2位「英伝 閃の軌跡」トップは…

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  8. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る