人生にゲームをプラスするメディア

パックマンの3Dアニメ、海外で2013年に放送

その他 全般

『パックマン』の3Dアニメ放送時期が2013年に放送されることが明らかになりました。

『パックマン』は、1980年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)が発表したアーケードゲームで、その後家庭用ゲームとして、多くのプラットフォームに登場しました。国内はもちろん海外でも根強い人気があり、2010年には生誕30周年を記念して、Googleのトップページロゴがパックマン仕様になったこともあります。

今回のアニメ化は、「スマイダーマン」「アイアンマン」「ハルク」「X-メン」を手掛けたアヴィ・アラッド氏と「バイカーマイス」「X-メン エボリューション」などのアニメ作品を手掛けたリック・アンガー氏がプロデューサーとして参加する予定で、「スクービー・ドゥー」のトム・ルーガーとポール・ラグ氏が脚本を担当します。

「ディズニーXD」で2013年からの放映を予定しており、全26話各26分の3Dアニメになるということです。なお、制作費は1話につき60万ドル(約4800万円)が投入されるようで、かなり力の入った作品に仕上がりそうです。

日本での放映に関しては現在のところは未定ですが、バンダイが前面的にサポートするということですので、チャンスはあるかもしれませんね。
《菜種》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 実現しなかった『ジェットセットラジオ』新作のコンセプト映像が公開!

    実現しなかった『ジェットセットラジオ』新作のコンセプト映像が公開!

  2. 【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

    【特集】「有名人が登場する異色ゲーム」10選…あのお騒がせ政治家も

  3. 【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

    【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

  4. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

  5. 『FINAL FANTASY』30周年を記念する“VISA カード“を発行! 盤面はチョコボが彩るデザインに

  6. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  7. 【今日のゲーム用語】「ロールバック」とは ─ 歓迎すべき事態ではないが、必要な次善策のひとつ

  8. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  9. フロム『アーマード・コア』新作へ意欲―「このまま終わらせるつもりはない」

  10. 【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

アクセスランキングをもっと見る