人生にゲームをプラスするメディア

春からの新生活、見直したいもの1位は「インターネット」、使いたい1位はWiMAX

その他 全般

株式会社イードは、新生活シーズンにあたり、2012年春以降に新生活(引っ越し)を始める予定の男女を対象に実施した「新生活のインターネット環境に関する意識調査」の結果を公表しました。

この調査は2012年1月27日~30日に行われたもので、男女18~40歳 全国、2012年春以降に新生活(引っ越し)を始める予定の人から有効回答数500サンプルを得ました。

まず、新生活にあたって見直したいものを尋ねると1位は「インターネット」(47.0%)、ついで「新聞」(20.6%)、「CS放送・CATV等の有料放送」(17.4%)となりました。具体的に、現在契約しているインターネット回線について尋ねると、「固定回線(光ファイバーやCATV、ADSLなど)」が72.8%と圧倒的で、「モバイルデータ通信サービス」が8.0%、「固定回線・モバイルデータ通信サービス両方」が5.8%となりました。

一方で今後の契約意向としては、「モバイルデータ通信サービス」が27.4%で、「固定回線」27.2%とほぼ横並び。「固定・モバイル」が14.6%でそれに続きました。現状では7割超が「固定回線」ユーザーで、「モバイルデータ通信」ユーザーは1割未満。両者には6割超の開きがあるものの、「モバイルデータ通信サービス」は、今後の契約意向ではトップになるなど、今後大きく飛躍しそうです。背景には、スマートフォンやタブレットなどの普及により、外出先でも高速でインターネット接続したいと考える人が増えたことがあると考えられます。

そこで、「今後利用したいモバイルデータ通信サービス」について、直接サービスを尋ねると、「WiMAX」(38.6%)、「イー・モバイル(G4)」(9.0%)、「Xi」(6.4%)の順となり、サービス間で大きな差が付きました。「WiMAX」が上位となった理由として、「通信速度の速さ」(62.2%)、「月額利用料金の安さ」(59.6%)、「対応エリアの広さ」(45.6%)が挙げられました。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

    コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  2. カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

    カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

  3. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  4. C93に『シュタインズ・ゲート』ブース登場、鈴羽の誕生年記念の新作ドラマCDなどが販売

  5. 【速報】『FGO アーケード』ゲーム画面公開!セイバーの宝具シーンには気になる表示も

  6. 【特集】『ゲームに登場するお母さんキャラ』10選―ディア・ママ!

  7. 『ロックマンX』シリーズの復刻版カードダスが発売、幻の「メガミッション4」初カード化!

  8. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第8回 当たり前のアタリ4コマ二本立て

  9. 【特集】『ゲームに登場するお父さんキャラ』8選―ディア・パパ!

  10. 『FGO アーケード』一足先に体験!エリちゃんをゲット、マスターからマネージャーに……

アクセスランキングをもっと見る