人生にゲームをプラスするメディア

DeNAと韓国Daum、韓国版「Mobage」サービス開始 ― 1年以内に1000万会員が目標

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

ディー・エヌ・エーと韓国のポータルサイト運営企業であるDaumCommunications社は、ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」の韓国版を「Daum Mobage」として提供開始しました。

「Daum Mobage」は、韓国内のスマートフォンユーザーを対象としたサービスで、ユーザー同士でアバターや日記、サークルなどのコミュニティ機能や、さなざまなソーシャルゲームの韓国語版を楽しむことができます。Daum IDを持っていれば登録手続き不要で利用可能なため、現在3,800万人を超えるDaumユーザーが、既存のIDとパスワードを用いて「Daum Mobage」を利用可能となっています。韓国のAndroid Marketからは、「Daum Mobage」ポータルアプリおよびゲームアプリがダウンロード可能となっています。

「Daum Mobage」で現在提供されているのは、『忍者ロワイヤル』『We Rule(プティの王国)』『Tap Fish Tropical』など5作品。今後『怪盗ロワイヤル』『Zombie Farm』『KrazyRain2』など、韓国を含む世界各国のデベロッパーによる強力なタイトルが順次追加される予定です。

「Daum Mobage」への登録やゲームの基本プレイは無料ですが、モバイル端末決済システム「Daum Billing」を用いて、有料アイテムと交換可能な仮想通貨“モバコイン”を購入することが可能です。

両社は今後、PCおよびスマートフォン上での月間ページビュー(閲覧回数)が150億回を超える「Daumポータルサイト」へのユーザー導線の設置や、1,600万人以上が利用しているモバイルメッセンジャー「MyPeople」などのDaumの各サービスとの連携に加え、150億回以上の月間ページビューを誇る韓国最大のモバイル広告ネットワーク「AD@m」など複数のチャンネルで「Daum Mobage」への集客を図るとしています。さらに、「Daum Mobage」アプリのAndroid Market以外のアプリストアを通した配信や、iOSへの対応も予定しているとのことです。

DeNAは3月中を目標に韓国語のゲームデベロッパー向けウェブサイトを開設し、世界中で幅広い開発者ネットワークを有する「Unity」などのゲームエンジンを利用したSDKの他、ネイティブアプリ向けSDKの提供も行い、積極的にゲーム開発を支援していく予定です。

なお、韓国版「Mobage」は日本版「Mobage」と共通のAPIを使用しているため、日本版「Mobage」で既にゲームをリリースしているデベロッパーは、シームレスに韓国版「Mobage」へゲームをリリースすることが可能です。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. 【特集】20年をむかえる『Ultima Online』は今でも楽しめるのか―もう一度ブリタニアへ…

    【特集】20年をむかえる『Ultima Online』は今でも楽しめるのか―もう一度ブリタニアへ…

  3. 『超銀河船団∞ -INFINITY-』と『妖怪惑星クラリス』のコラボが決定!一体何なんだこれは…

  4. 『ログレス』を手掛けたAimingの新作MMO RPG『キャラバンストーリーズ』発表!PC&スマホで展開

  5. 深層Webで謎のホラーゲーム『Sad Satan』が発見される…作者や制作意図は一切不明

  6. キャラ同士を掛け合わせ子孫を繁栄させるSLG『一血卍傑』システム公開!組み合わせは自由、なぜなら“神様に性別はない”から

  7. PC版『夜廻』配信開始! デジタルアートブックやサントラも同時リリース

  8. 『攻殻機動隊オンライン』詳細公開!9課各隊員のスキルや「タチコマ」が登場する独自ルールなど

アクセスランキングをもっと見る