人生にゲームをプラスするメディア

1位はあの“神ゲー”『最も売れたHDリマスタータイトル』TOP10 ― 海外サイト調べ

その他 全般

ゴッド・オブ・ウォー コレクション
  • ゴッド・オブ・ウォー コレクション
おもに前世代機で発売され人気を博した数年前のゲームを、SD画質以下からHD画質へとリマスターしグラフィックを向上させて再発売する“HDリマスター”。ここ数年間も様々な名作のHDリマスタータイトルが発売されましたが、海外サイトGame Informerが過去のNPDデータ(北米の売上情報)より“最も売れたHDリマスタータイトル”ランキングTOP10を作製し、発表しています。

調査はリテール版のみが対象となっているため、ダウンロードタイトルとして配信された『バイオハザード4 HD』や『Beyond Good & Evil HD』などはランキングには含まれていないとのこと。なお1位はあの“神ゲー”となったようです。結果は以下の通り。

第1位: 『God of War I & II Collection』(2009年11月発売)

第2位: 『Halo: Combat Evolved Anniversary』(2011年11月発売)

第3位: 『Metal Gear Solid HD Collection』(2011年11月発売)

第4位: 『ICO/ワンダと巨像 Collection』(2011年9月発売)

第5位: 『スライ・クーパー・コレクション』(2010年11月発売)

第6位: 『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション』(2011年9月)

第7位: 『Tomb Raider Trilogy』(2011年4月)

第8位: 『Prince of Persia Trilogy』(2011年4月)

第9位: 『鉄拳ハイブリッド』(2011年11月)

第10位: 『Tom Clancy's Splinter Cell Trilogy』(2011年9月)


こうしてランキング化してみると、2011年末は『TES V: Skyrim』や『Modern Warfare 3』などの大型新作だけでなく、人気フランチャイズのHDリマスタータイトルも多く発売されていたことが改めてわかりますね。また上位の全てがトリロジー(三部作)やダブルパックである中、唯一単独タイトルとして『Halo: CEA』が2位にランクイン。

なお2012年は、HDリマスタータイトルとして『Devil May Cry HD Collection』、『Zone of The Enders HD Edition』、『サイレントヒル HDエディション』などが発売される予定です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

    『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  3. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

    ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

  4. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  7. 春麗が「オニツカタイガー」とコラボ! 百烈脚もより強力に?

  8. 『HOUSE OF THE DEAD』最新作のプレ・ロケテストの開催が決定!セガが世界に誇るガンシューティング

  9. 「エドモンド本田」のフィギュアが登場、百烈張り手が光って唸る!

  10. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

アクセスランキングをもっと見る