人生にゲームをプラスするメディア

【アンケート結果発表】今週発売の新作ゲーム何を買いますか?(2/9)

その他 全般

買うor買わない
  • 買うor買わない
  • 3DS
  • 『NEWラブプラス』について
  • PS3
  • PSP
  • PSV
新作ゲーム購入アンケート結果発表です。

1週間の経過は早いですね。『NEWラブプラス』がイレギュラーな火曜日に発売日の為、いつもより週末が早いよう感じます。

今回の回答者は71名、そのうち新作を買う方が46人、買わない方が25人と言う結果となりました。3DSの新作『電波人間のRPG』が特に人気で、好評のご意見が届いています。

■3DS
「お手軽な値段の上に、元ドラクエプログラマーの作品『電波人間RPG』、非常にバランスもよく、面白いですよ!ゴリ押ししようとすると、ボスでひっかかるという絶妙さです」
「ラブプラスはこれまでやったことがないのですが、買おうか悩んでいます・・・」(『電波人間のRPG』は購入)
「『電波人間のRPG』にハマってます。外出時に電波人間を捕獲してますが、ジロジロ見られて恥ずかしいけど捕獲やめられません。久し振りに面白い!」(『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』も購入)
「来週はいよいよ待ちに待った『NEWラブプラス』の発売ですね。とりあえず今週は『電波人間のRPG』をダウンロードしてプレイしてます。800円とは思えないボリュームで結構楽しめてます」
「『電波人間のRPG』配信日当日に買いました。サクサクッと動く操作感覚に感動!これは良い」
「『電波人間のRPG』と『幻想水滸伝』購入しました」

完全新規タイトルである『電波人間のRPG』は、『ドラゴンクエスト』風のオーソドックスなRPG。仲間を集める方法がユニークで、無線の電波を3DSがキャッチして、電波人間を仲間にするというのが斬新。電車の中でプレイする際などマナーモードも用意されており、細かい配慮もされています。ゲームとしての独創性はもちろんですが、何より800円と言う手軽さが後押ししています。これがもしパッケージソフトでフルプライスだったらここまで流行らなかったと思います。コンパクトサイズで新しい試みに挑戦する姿勢、最近のゲーム業界では珍しくなってしまいました。まずは体験版をプレイしてみてほしいですね。データは製品版に引き継げるので、気に入ったらそのまま続きが楽しめますよ。

■ラブプラス
「ついに『NEWラブプラス』発売だ!新しくなってより可愛くなったまなかにあえる!!」
「『NEWラブプラス』がついに発売!楽しみ過ぎです」
「『NEWラブプラス』やっと来たー長かったなー・・・発売延期・・・。でも3DSとのセット買わなくて正解だったのかも」
「延期される前に予約してたので(買う)」
「12月の延期から待ちわびた『ラブプラス』がついに!!」

3DS発表当初から注目されていた『NEWラブプラス』、発売日が延期になってかなり待ちましたが・・・いよいよ発売となりました。インサイド読者の方も結構購入する方が多いようで、23人の方が買うと回答。そのうち4人が3DS同梱版を購入されるという結果になりました。今頃カノジョと新しくなったと楽しく過ごしている頃でしょうか。長く楽しみましょう。今月は読書月刊です。コチラもあわせてどうぞ。

■PS3/PSP/PSV
「『GRAVITY DAZE』と『墨鬼』待っていました。が、『墨鬼』は体験版をやって候補から外しました。結構ストイックで自分には合わなかったです」
「『GRAVITY DAZE』は話を進める事を忘れて街を歩いたり飛びまわったりするのが楽しい。ゲーム業界はこれからも熱い!!」
「久々に面白そうに感じた新規タイトル『GRAVITY DAZE』。これのためにPS Vita買ったようなものなので、期待してます。『電波人間のRPG』は体験版やってみましたが、ああいう雰囲気のゲームはやっぱり好きになれない」

今週のプレイステーションハードは『GRAVITY DAZE』で決まり。『SIREN』シリーズを手掛けた外山圭一郎氏の完全新作で、PSVita期待の新作でもあります。3DSの『電波人間のRPG』と同様、新規タイトルが注目され、話題を集めることはとても良いこと。PSVitaユーザーなら遊んでほしい1本ですね。体験版が配信中ですので、まずはこちらからどうぞ。



■メッセージ
「Xbox360かWindows phone7用の『ラブプラス』みたいなのはいつでるのだろうか!」
「気になるソフトは『GRAVITY DAZE』と『墨鬼』です。本当に少しずつですが、PS Vitaのソフトが揃ってきているのが嬉しいですね」
「『ニンテンドーeショップ』のファミコンVCのラインナップ展開遅すぎ」
「まだ先ですが、今週に『新・光神話 パルテナの鏡』を予約しました。希望価格よりも安かったので良かったです。『NEWラブプラス』は最近メディアの露出も多く目にするようになり、最近興味が出てきたので財布に余裕があれば検討するかもしれません。
(続き)「ですが、最近海外で『ゼノブレイド』の発売の記事をここで見てから興味を持ち、HPで調べたりして欲しくなってしまったので、『パルテナ』を買ったらうまくやりくりしなければなりません」
「3DSの体験版をダウンロードしているのですが、まだ一つも遊んでいないので遊ぼうと思います」

今回は『電波人間のRPG』『NEWラブプラス』『GRAVITY DAZE』が人気を集め次いで『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』と言う週でした。また『ゼノブレイド』に興味を持った方、ココには書いてありませんが『逆転検事2』の廉価版を買う方などもいらっしゃいました。

例年2月は新作タイトルが少なくなる傾向ですが、今年は充実のラインナップ。来週も続々と新作が発売されながら春商戦を迎えます。回答頂きありがとうございました。次回もよろしくお願いします。
《まさと》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

    【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

  2. 【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

    【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

  3. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

    【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  4. 【レポート】クトゥルフTRPGを現実世界で再現したLARP「生贄たちの挑戦」でSAN値減少 ― 空間、物、奇声、怪物、結末、その全てがリアルだった

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【アナログゲーム決死圏】第4回:ミニチュアゲームの始め方…体験方法からオススメのタイトルまで

  8. 【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在

  9. 【インサイドちゃんの超!気になるニュース】さらばインサイドちゃん!また会う日まで

  10. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第4回 エイム力を上げていこう!コントローラーカスタムパーツ編

アクセスランキングをもっと見る