人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ欧州幹部: 基本プレイ無料ゲームはハイクオリティにならない

その他 全般

ヨーロッパのバンダイナムコ上級副社長Oliver Comte氏がCloud Gaming EuropeというイベントでFree-to-Play(基本プレイ無料)モデルを採用したゲームについて反対的な意見を述べています。

Comte氏は「基本プレイ無料ゲームは高クオリティにはならない」とコメント。「大手企業の立場からすると、ここ数年の流行りだからといってすぐにリスクを犯すことはできず、F2Pゲームが流行だからといってすぐに会社の方針を変えることはできない。20年~30年後の先を見越す必要がある」との考えをあらわにしています。

日本では、基本プレイ無料というと、携帯電話を使ったサービスのモバゲーやgreeといったソーシャルゲームが主流で、海外でも『EverQuest II』や、『Age of Conan 』がFree-to-Play移行後登録プレイヤーの大幅増加を見せたり、Microsoftの『Microsoft Flight』やValveの『Team Fortress 2』等大手メーカーがFree-to-Playの形式を採用しており現在の市場において流行りのビジネスモデルの一つとなっています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

    【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  2. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

    【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  3. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case06「interlude」

  7. 「EVO Japan」にてe-Sportsを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る