人生にゲームをプラスするメディア

2011年年末商戦、ソフト販売本数は前年比減、ハードは健闘

ゲームビジネス 流通

ニンテンドー3DS アイスホワイト
  • ニンテンドー3DS アイスホワイト
メディアクリエイトによると、2011年の年末商戦においてソフトは前年比減となりましたが、ハードでは健闘したことを明らかにしました。

集計データによると、2011年11月21日~2012年1月1日まで(6週)の累計販売本数は1295万3000本で、前年比85.03%と前年より下回る結果に。2011年12月は『マリオカート7』『モンスターハンター3(トライ) G』『ファイナルファンタジーXIII-2』など大型タイトルが発売されたこともあり、4週連続でソフト市場は盛り上がりを見せましたが、2010年の『モンスターハンターポータブル 3rd』(PSP)は年末商戦だけで385万本を記録して総販売本数を底上げしていた為、前年より下回る数字となりました。

また、ハード面では年末年始(2011年12月26日~2012年1月1日)の総販売台数が41万4000台となり、クリスマスシーズンのピークとなる前週から49.06%減と約半数以下まで落ち込みましたが、前年同時期との比較では112.32%となっており、ハード販売面では健闘しました。

■ハード販売台数
3DS:19万7952台
PS3:6万7199台
PSP:6万2746台
PSV:4万2648台
Wii:3万3208台
DSiLL:3356台
Xbox360:2453台
DSi:2418台
PS2:1659台
DS Lite:28台

ハードの販売数増加の理由としては、現行機の減少した分、新ハード(3DS・PS Vita)がカバー。特に『マリオカート7』と『モンスターハンター3(トライ) G』がハードを大きく牽引しました。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  5. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

  6. VRゲームで初の死亡事故か―ロシアの通信社が男性の事故死を報道

  7. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  8. 京都信用金庫、マリオの絵柄の生体認証ICキャッシュカードを秋から提供

  9. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  10. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

アクセスランキングをもっと見る