人生にゲームをプラスするメディア

「カプ本」Vol.2発売 ― 『バイオハザード リベレーションズ』の設定画など見所満載

カプコンは、オールカプコン総合情報誌「カプ本(かぷぼん)」のVol.2が発売されました。

その他 全般
カプコンは、オールカプコン総合情報誌「カプ本(かぷぼん)」のVol.2が発売されました。

「カプ本」は、ゲームや漫画を多数掲載したカプコンの総合情報誌。12月22日に発売されたVol.2では『モンスターハンター3(トライ) G』を巻頭で特集。表紙イラストを担当した漫画家・真島ヒロ氏をゲストに迎え辻本プロデューサーと藤岡ディレクターらが『モンスターハンター3 G』を徹底プレイするといいます。

今回は初公開のものを大量に含む50点以上の設定画も掲載されており、同社のゲームファンにはたまらない一冊となっているといいます。たとえば『ドラゴンズ ドグマ』の世界で息づくキャラクターや、職業、武器などの設定画を公開。プロデューサー小林裕幸氏とディレクター伊津野英昭氏のインタビューが公開されています。

また『バイオハザード リベレーションズ』では、主人公ジルをはじめとする登場人物と、本作初登場となる新クリーチャーの設定画が解説インタビューと共に掲載。そのほか、カプコンのオンラインアクションゲームやソーシャルゲームで使用できるシリアルコードとイベントコードが4点付いてきます。

これだけ内容が充実していると、同社のファンでなくとも一読の価値があるのでは。

「カプ本 Vol.2」は、好評発売中で価格は900円(税込)です。

(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《D》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

    『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  2. 『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

    『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

  3. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

    【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  4. セガとのコラボ健康管理ツール『メガドライブ体組成計』及び『ドリームキャスト体組成計』の発売日が決定!9月20日より予約受付もスタート

  5. セガハード3種がモチーフになった「microSDHCカードセット」10月29日発売!予約受付は本日13日から

  6. ゲームのやりすぎは子供の学力に「少しだけ」影響する―海外研究結果

  7. 『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

  10. メガドラ風カラーを採用した数量限定の『レトロフリーク』が12月下旬に登場!

アクセスランキングをもっと見る