人生にゲームをプラスするメディア

米長邦雄、コンピュータ将棋ソフト「ボンクラーズ」に敗れる……「責任を取って引退する」?

その他 全般

「敗戦の責任をとって引退」?と宣言
  • 「敗戦の責任をとって引退」?と宣言
  • 対局イベント記者会見の模様(10月6日)
  • 米長邦雄氏のTwitterページ
 日本将棋連盟は21日、米長邦雄氏(会長・永世棋聖)がコンピュータ将棋ソフト「ボンクラーズ」に敗戦したことを発表した。

 この対局は、「米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズプロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦」のプレマッチとして、東京都渋谷区の鳩森八幡神社社務所内「シクロスタジオ」で行われたもの。ボンクラーズが先手、米長邦雄永世棋聖が後手だったが85手でボンクラーズが勝利した。来年1月14日には本番となる対局が行われる。

 「ボンクラーズ」は伊藤英紀氏が開発した将棋対局ソフト。日本将棋連盟が特別協力した、コンピュータ将棋協会主催の『第21回世界コンピュータ将棋選手権』では優勝を納めている。

 米長氏はふだんからTwitterを利用しており、駄洒落の多い、ひょうひょうとした書き込みで人気だ。今回の敗戦でも、自身のTwitterで、「昨日はコンピュータにこっぴどく負けました。余りにもひどい。谷川専務に『責任を取って引退する』と言いました。谷川『?』 そうか既に引退してたのか。」とツイートしている。米長氏は2003年に現役引退済み。通算成績は1103勝800敗1持将棋。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

    【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  6. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case08「対立」

  8. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

  9. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

アクセスランキングをもっと見る