人生にゲームをプラスするメディア

ベンキュー、暗い部分の敵も見つけやすいゲーマー向けフルHD液晶ディスプレイ

その他 全般

RL2450H
  • RL2450H
  • RL2450H(斜め)
  • RL2240H
  • RL2240H(背面)
 ベンキュージャパンは、ゲーマー向けの独自モードやカラーエンジン技術を採用したフルHD液晶ディスプレイとして、24型「RL2450H」と21.5型「RL2240H」を発表した。販売開始は23日。価格はオープンで、予想実売価格はRL2450Hが25,800円前後、RL2240Hが19,800円前後。

 両製品は、RTS(リアルタイムストラテジー)ゲーマー向けの機能を搭載した液晶ディスプレイ。RTSゲームを最適にプレイするために世界的なプロゲームチームの協力で開発されたRTSモードや、新開発のBlack eQualizerカラーエンジン技術を採用し、ゲーム中の暗いシーンなどでの視認性を向上させるBlack eQualizer機能などを搭載する。

 「コントラスト強化」「カラーマネジメント」「シャープネス強化」の3つの画像補正エンジンで構成された同社独自開発による補正技術「Senseye3」、異なる画面サイズモードへの調整が可能なディスプレイモードなども装備。また、同社独自の高速応答テクノロジー「AMA(Advanced Motion Accelerator)」により、応答速度は中間階調域で2ms、黒白黒で5msとしている。

 ディスプレイはLEDバックライトを採用し、解像度1,920×1,080ピクセル、アスペクト比は16:9、輝度は250cd/m2、コントラスト比は1,000:1(DCRは1,200万:1)。視野角は水平170度/垂直160度、チルト角度はRL2450Hが上15度~下5度、RL2240Hが上20度~下5度。

 インターフェースはHDMI/DVI-D/ミニD-sub15ピンなど。本体サイズ/重さはRL2450Hが幅650×高さ420×奥行き134mm/約4.8kg、RL2240Hが幅525×高さ400.95×奥行き183mm/約3.2kg。付属品は電源ケーブル、D-sub/DVI-Dケーブルなど。カラーはRL2450Hがブラック、RL2240Hがホワイト。
《丸田@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

    ローソン新商品「食べマスモッチ 星のカービィ」食レポ―小さいクセに腹持ち良いぞ!

  2. 【昨日のまとめ】『アズールレーン』「再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表、駆逐艦「不知火」の改造実装、『スプラトゥーン2』Ver.3.0.0を4月25日より配信…など(4/24)

    【昨日のまとめ】『アズールレーン』「再登場して欲しい期間限定艦は誰?」結果発表、駆逐艦「不知火」の改造実装、『スプラトゥーン2』Ver.3.0.0を4月25日より配信…など(4/24)

  3. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』サントラが今夏発売―初回限定盤には「ハイカライブ」映像が!

  4. アナログゲーム『新幕 桜降る代に決闘を』5月5日・6日に先行販売! デジタル版も『新幕』のシステムに準拠

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 「カプコンゲームサウンドの秘密」が今明かされる―フライパンを落とす音はこうやって収録されていた!

  9. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  10. いよいよ走り出した「インサイドちゃん」バーチャルYoutuber化計画―編集長が東北へ!?

アクセスランキングをもっと見る