人生にゲームをプラスするメディア

ニコニコ動画、来年4月より「ニコニコ動画(ZERO)」にバージョンアップ

 ニワンゴは12日、同社が運営する動画コミュニティサービス「ニコニコ動画」の5周年記念新サービス発表会をニコファーレにて開催。その会場にて、2012年4月29日よりニコニコ動画の次期バージョン「ニコニコ動画(ZERO)」を提供開始することを発表した。

その他 全般
「ニコニ・コモンズ」画面
  • 「ニコニ・コモンズ」画面
  • 「クリエイター奨励プログラム」画面
 ニワンゴは12日、同社が運営する動画コミュニティサービス「ニコニコ動画」の5周年記念新サービス発表会をニコファーレにて開催。その会場にて、2012年4月29日よりニコニコ動画の次期バージョン「ニコニコ動画(ZERO)」を提供開始することを発表した。

 ニコニコ動画は、2006年12月12日に「ニコニコ動画(仮)」としてサービスを開始して以降、「(β)」「(γ)」「(RC)」「(RC2)」「(SP1)」「(夏秋冬)」「(ββ)」「(9)」「(原宿)」とバージョンアップを重ねてきたが、5周年を契機とし、原点回帰の意味を込め「ニコニコ動画(ZERO)」にバージョンアップするという。バージョンアップに向けては、動画サイトを中心としたサービスの大幅見直しを実施するとしているが、新機能の詳細などは明らかにされておらず、今後随時発表会が行われるとのこと。

 あわせて、著作権を管理するサービス「ニコニ・コモンズ」をリニューアルし、売上金の一部を動画投稿者に進呈する「クリエイター奨励プログラム」を13日より開始した。「ニコニ・コモンズ」は、自分の作品を広めたい人と既存作品を使って新しいモノを作る人とを結ぶサービス。新しくなったニコニ・コモンズでは、既存の「素材ライブラリー」に加えて、ユーザーがコラボレーションの元になった作品へリスペクトを示せる仕組みを提供する。

 従来のニコニ・コモンズでは、投稿されたコモンズ素材の派生関係を「コモンズツリー」で図示していたが、リニューアルに伴い、「コンテンツツリー」に刷新され、ニコニコ動画、ニコニコ静画のイラスト、ニコニ・コモンズに拡大し、すべての作品の参照関係を表示する。

 また、クリエイターの創作活動とコラボレーションを支援する取り組みとして、投稿作品の人気度等に応じて奨励金を進呈する「クリエイター奨励プログラム」を13日より開始。クリエイター奨励プログラムに動画を登録してから3ヶ月間、その動画が公開され続ければ、奨励金を現金またはニコニコポイントで受け取れるようにする(プレミアム会員限定)。

ニコニコ動画、来年4月より「ニコニコ動画(ZERO)」にバージョンアップ……大幅見直しを実施

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

    「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  2. 30万人まで後一歩!歴代最高の来場者数だったTGS2018、何が一番よかった?【読者アンケート】

    30万人まで後一歩!歴代最高の来場者数だったTGS2018、何が一番よかった?【読者アンケート】

  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」新作短編が発表―10月31日発売「ザ・スニーカーLEGEND」に掲載

  4. 生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定

  5. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  6. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  7. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る