人生にゲームをプラスするメディア

『初音ミク -Project DIVA- extend』が1位、『戦国BASARA3 宴』『俺屍』も好調・・・週間売上ランキング(11月7日~13日)

メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

その他 全般
メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

今週の1位はセガの『初音ミク -Project DIVA- extend』(PSP)、18万5000本を売り上げました。前作『初音ミク ‐Project DIVA‐ 2nd』をベースにした続編と言うことで、販売本数は前作の初動(24万1000本)程勢いは無かったものの、今回は年末商戦ということで他のライバルタイトルが多く存在する中と考えればまずまず滑り出しとなりました。

『戦国BASARA3 宴』(Wii/PS3)はPS3版が2位で12万4000本、Wii版が6位で5万1000本。こちらも前作をベースに様々な新要素を盛り込んだ続編となっていますが、完全新作ではないので前作の初動24万3000本は超えられず。逆にWii版は1000本ですが多い数字となっています。

3位はSCEの『俺の屍を越えてゆけ』(PSP)が9万4000本。PS版からの移植作で、今でも根強い人気を誇るRPGは健在です。

KONAMIの『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER HD EDITION』(PS3/Xbox360)は、PS3版が7位で4万本、Xbox360版は圏外と言う順位に。

久々のポケモンWii向け新作『ポケパーク2 ~Beyond the World(ビヨンド・ザ・ワールド)~』(Wii)は3万6000本。前作『ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~』(Wii)は6万4000本でしたが、半分程度の初動に。ポケモンブランドとしてはやや物足りない感じですね。前作はクリスマスにあわせた発売だったこともあって1ヵ月で30万本を超えたので、今作でも同様の伸びに期待したい所です。

『スーパーマリオ3Dランド』(3DS)は9万3000本、『ファイナルファンタジー 零式』(PSP)は5万7000本を今週それぞれ販売。年末商戦のキラータイトルとして順調に数字を伸ばしています。

また『星のカービィWii』(Wii)は20万本を突破しました。

順位 タイトル 週間 累計
1 初音ミク ‐Project DIVA‐ extend
185,000 185,000
2 戦国BASARA3 宴
124,000 124,000
3 俺の屍を越えてゆけ
94,000 94,000
4 スーパーマリオ3Dランド
93,000 437,000
5 ファイナルファンタジー 零式
57,000 652,000
6 戦国BASARA3 宴
51,000 51,000
7 METAL GEAR SOLID PEACE WALKER HD EDITION
40,000 40,000
8 ポケパーク2 ~Beyond the World(ビヨンド・ザ・ワールド)~
36,000 36,000
9 星のカービィWii
36,000 36,000
10 バトルフィールド 3
19,000 142,000
11 アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
12 JUST DANCE Wii
13 ワールドサッカーウイニングイレブン 2012
14 スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団
15 たまごっちコレクション
16 Wii Sports Resort Wiiリモコンプラス パック
17 ゴーバケーション
18 ワールドサッカーウイニングイレブン 2012
19 アイドルマスター2
20 迷宮クロスブラッド リローデッド
21 Wii Party
22 みんなのリズム天国
23 AKB1/48アイドルとグアムで恋したら・・・
24 モンスターハンターポータブル 3rd PSP the Best
25 ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
26 NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットインパクト
27 劇場版マクロスF ~サヨナラノツバサ~ ハイブリッドパック
28 あつめて!カービィ
29 nintendogs + cats
30 ポケットモンスター ブラック
《》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『メタルギアソリッド』がボードゲーム化!E3 2019でプレイお披露目予定

  2. 『スマブラSP』や『ポケモン ピカ・ブイ』にも使える! ペイパルの“500円クーポン”でDLソフトをお得にゲット

  3. 「ひなビタ♪」ライブで輝く彼女たちを支えたLive2Dはいかにして作られたか―alive2018セッションレポート

  4. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  5. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

アクセスランキングをもっと見る