人生にゲームをプラスするメディア

好きなゲームキャラクターは「マリオ」、セリフは「やったぜ」・・・調査結果

その他 全般

メディアインタラクティブは、アンケート専門サイト「アイリサーチ」を用いた「好きなゲームキャラクター」に関する調査結果を発表しました。

それによれば、見事1位に輝いたのはミスター・ビデオゲームとも言える「マリオ」。25年に渡って様々なゲームに出演してきました。得票数は全体の1割を越え、圧倒的でした。年末にも『マリオカート7』『スーパーマリオ3Dランド』という代表作の最新作が発売され、まだまだ衰える事を知りません。

また2位にランクインしている「自分のアバター」という回答も現代的なもので注目されます。主にオンラインゲームやブラウザゲームで、自分自身の手で作成した分身。自分のアバターに思い入れがある人は多いようです。最近人気のタイトルでは『英雄クロニクル』や『C9』、PS3でもサービスしている『Angel Love Online』などがアバターのプレイに対応。特に『英雄クロニクル』では登場のカットシーンや紹介コメントまでカスタマイズが可能です。

3位以下には人気シリーズのキャラクターがズラリ。『ポケットモンスター』のピカチュウ、『ファイナルファンタジー』のクラウド、『モンスターハンター』のアイルー、『ドラゴンクエスト』のスライムなど主役もあれば脇を固めるキャラクターも。中には歴史物で活躍する織田信長という回答もありました。

またアンケートでは「最も好きな决めセリフ」についても調査。最も多く寄せられたのは「やった/やったぜ」という回答。いかにもゲームらしいセリフです。人気シリーズからは「おまえはもう死んでいる」(北斗の拳)や「ポケモンゲットだぜ」(ポケットモンスター)、「海賊王に俺はなる!」(ワンピース)といった回答が目立ちました。

ぜひ皆さんの好きなキャラクターや决めセリフも教えてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  2. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

    【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  3. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  4. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  6. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. どのシチュが好み?「#イーブイとデートなうに使っていいよ」が開催中―抽選50名にしっぽクッション、内1名はイーブイが直接手渡し!

  9. 『FGO』ジャンヌ・ダルク、気高き聖女をフィギュア化! 高潔、可憐な姿を1/7スケールで

アクセスランキングをもっと見る