人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、上期は経常赤字1000億円程度に拡大か・・・日経報じる(訂正)

日本経済新聞は、任天堂が発表予定の平成24年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績が、1000億円前後の経常損失を計上する見込みになったと報じています。

その他 全般
日本経済新聞は、任天堂が発表予定の平成24年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績が、1000億円前後の経常損失を計上する見込みになったと報じています。

従来予想は550億円の赤字でしたが、対ユーロを中心に円高が進んだことから、400億円規模の為替差損が発生したとしています。

任天堂は売上の大半が海外市場となっていることから、ドル建てで36億ドル、ユーロ建てで16億ユーロ程度(第1四半期末)の現金を保有していて、為替の変動の影響を大きく受けます。前提為替レートは、1ドル=80円、1ユーロ=115円ですが、1ドル=76円、1ユーロ=105円程度まで円高が進んでいます。

第2四半期業績は明日16時に開示される予定。

※業績発表は明日27日でした。訂正いたします。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『バンドリ!』コラボイヤホンが発売決定!各バンドをイメージした5バージョンがラインナップ

    『バンドリ!』コラボイヤホンが発売決定!各バンドをイメージした5バージョンがラインナップ

  2. 自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

    自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

  3. 『ポケカ』「フェローチェ&マッシブーンGX」カードテキストを公開─GXワザの効果で最大サイド6枚取り!

  4. キデイランド18店舗で「星のカービィ プププ・フレンズキャンペーン」開催決定―ここだけの先行販売グッズ盛り沢山!

  5. 「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

アクセスランキングをもっと見る