人生にゲームをプラスするメディア

玩具大手マテル、「きかんしゃトーマス」のHIT Entertainmentを約500億円で買収

玩具大手のマテルは、「きかんしゃトーマス」などを保有するHIT Entertainmentを6億8000万ドル(約510億円)でApax Partnersら投資ファンドから買収すると発表しました。

ゲームビジネス その他
 
  •  
玩具大手のマテルは、「きかんしゃトーマス」などを保有するHIT Entertainmentを6億8000万ドル(約510億円)でApax Partnersら投資ファンドから買収すると発表しました。

HITは「きかんしゃトーマス」のほか、「バーニー」「ボブとはたらくブーブーズ」「消防士サム」「アンジェリーナ バレリーナ」といったIPを保有、各社にライセンスを行なっています。売上は年間1億8000万ドルにも上ります。マテルによる買収金額は税引前収益の9.5年分という計算になります。

「きかんしゃトーマス」は65年前に誕生した世界で知られたブランドで、マテルはこれまでもHITから許諾を受け玩具を製造してきました(現行の契約は2014年まで継続)。ダイキャストやプラスチック玩具などマテルの「きかんしゃトーマス」関連の売上は毎年1億5000万ドルにも上り、買収によって権利保持を確実にし製品の拡充など将来の成長に繋げる計画です。

今回の買収にHITが保有するケーブルテレビ局Sproutは含まれません。

買収は現金と引き受ける負債の組み合わせで行われ、2012年第1四半期中には完了する見通し。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 立命館大学の細井浩一教授によって語られる「日本におけるゲーム保存活動の現状」

    立命館大学の細井浩一教授によって語られる「日本におけるゲーム保存活動の現状」

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  5. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  6. 【CEDEC 2012】IGDA日本がCEDECでスカラーシッププログラムを実施

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 今週発売の新作ゲーム『ドンキーコング トロピカルフリーズ』『幻想郷ディフェンダーズ』『Killing Floor: Incursion』他

  9. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  10. 『ラビッツ』が映画化 ユービーアイソフトとソニー・ピクチャーズが合意

アクセスランキングをもっと見る