人生にゲームをプラスするメディア

【LEVEL5 WORLD 2011】レベルファイブ初の単独プライベートショー!まずは会場の様子をフォトレポート

レベルファイブは、東京ビッグサイトにて初の単独プライベートショー「レベルファイブワールド2011」を開催しました。

その他 フォトレポート
レベルファイブは、東京ビッグサイトにて初の単独プライベートショー「レベルファイブワールド2011」を開催しました。

会場ではレベルファイブの新作がズラリ。今回初プレイアブル出展となる新作や、当日発表された新作タイトルを実際に遊ぶことが出来ました。

会場はAゾーン~Eゾーンに新作ゲームを展示、向かって正面がメインステージ、右手側にショップエリア、左手奥にフードコードを用意。他にはコスプレイヤー向けに更衣室も設けられていました。

試遊スペースは非常に広々しており、待ち時間も『レイトン教授VS逆転裁判』『二ノ国』『ダンボール戦機』などで最長で60分、他15分~30分程度の待ち時間で試遊することが出来ました。

そしてレベルファイブワールドで遊ぶことが出来たタイトルは以下の通り。

■出展タイトル
Aゾーン:『イナズマイレブンGO シャイン/ダーク』『イナズマイレブン ストライカーズ 2012エクストリーム』
Bゾーン:『二ノ国 白き聖灰の女王』『ガールズRPG シンデレライフ』『ファンタジーライフ』
Cゾーン:『タイムトラベラーズ』『GUILD01』『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』
Dゾーン:『レイトン教授VS.逆転裁判』
Eゾーン:『ダンボール戦機 ブースト』『データカードダス ダンボール戦機』『機動戦士ガンダムAGE』(プレイデモのみ)

いずれも試遊時間は10分~15分と、東京ゲームショウと比べてやや長めに遊ぶことが出来ました。

なお、『機動戦士ガンダムAGE』は実機映像のみですが、それ以外は全てプレイアブルな状態でした。プレイレポートはこの後お届けします。
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

    「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

  2. 「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

    「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

  3. 「FGO」ランサー/エリザベート・バートリーがキュートフィギュアに♪

    「FGO」ランサー/エリザベート・バートリーがキュートフィギュアに♪

  4. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  5. 『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

  6. マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

  7. 劇場版「Fate/stay night [HF]」×「ピザハット」キャンペーン1月21日から開催!直筆サイン入りのプレミアムグッズを手にいれよう

  8. 中国からコスプレイヤーの魔王がやって来た!フォロワー数300万以上の存在感を放つ【インタビュー】

  9. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  10. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/07更新)

アクセスランキングをもっと見る