人生にゲームをプラスするメディア

【LEVEL5 WORLD 2011】レベルファイブ初の単独プライベートショー!まずは会場の様子をフォトレポート

その他 フォトレポート

レベルファイブは、東京ビッグサイトにて初の単独プライベートショー「レベルファイブワールド2011」を開催しました。

会場ではレベルファイブの新作がズラリ。今回初プレイアブル出展となる新作や、当日発表された新作タイトルを実際に遊ぶことが出来ました。

会場はAゾーン~Eゾーンに新作ゲームを展示、向かって正面がメインステージ、右手側にショップエリア、左手奥にフードコードを用意。他にはコスプレイヤー向けに更衣室も設けられていました。

試遊スペースは非常に広々しており、待ち時間も『レイトン教授VS逆転裁判』『二ノ国』『ダンボール戦機』などで最長で60分、他15分~30分程度の待ち時間で試遊することが出来ました。

そしてレベルファイブワールドで遊ぶことが出来たタイトルは以下の通り。

■出展タイトル
Aゾーン:『イナズマイレブンGO シャイン/ダーク』『イナズマイレブン ストライカーズ 2012エクストリーム』
Bゾーン:『二ノ国 白き聖灰の女王』『ガールズRPG シンデレライフ』『ファンタジーライフ』
Cゾーン:『タイムトラベラーズ』『GUILD01』『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』
Dゾーン:『レイトン教授VS.逆転裁判』
Eゾーン:『ダンボール戦機 ブースト』『データカードダス ダンボール戦機』『機動戦士ガンダムAGE』(プレイデモのみ)

いずれも試遊時間は10分~15分と、東京ゲームショウと比べてやや長めに遊ぶことが出来ました。

なお、『機動戦士ガンダムAGE』は実機映像のみですが、それ以外は全てプレイアブルな状態でした。プレイレポートはこの後お届けします。
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【動画】ゲーム業界とバーチャル業界を繋ぐバーチャルレポーターに!?VTuber・インサイドちゃんが遂に始動!

    【動画】ゲーム業界とバーチャル業界を繋ぐバーチャルレポーターに!?VTuber・インサイドちゃんが遂に始動!

  2. DeNA新プロジェクト『TORIKAGO』とは? 「ミライアカリ」と「マフィア梶田」が特番で解き明かす

  3. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】流行りのVTuberってどうやって楽しめばいいの?

  5. 『FGO』「謎特異点I ベーカー街からの脱出」のオープニング紹介映像が公開!

  6. AbemaTVが「ポケモンづくしの2DAYS」を開催-「PJCS2018」グッズが当たるキャンペーンも

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る