人生にゲームをプラスするメディア

【フォトレポート】数々のゲームTシャツを世に送り出しているエディットモードにお邪魔しました

「THE KING OF GAMES」や「Dot Like」など、京都で数多くのゲームTシャツを制作しているエディットモードに先日お邪魔してきました。

その他 フォトレポート
京都にエディットモードの事務所があります
  • 京都にエディットモードの事務所があります
  • 階段を登って2階が玄関です
  • お仕事中失礼しまーす
  • 電話対応中の江南店長
  • 普段はパソコンに向かって作業をします
  • エディットモード新人・チカーノさんも頑張ってます
  • 新作のソニックTシャツをチェックしているようです
  • こちらは注文を受けたり発送作業をする机などがあります
「THE KING OF GAMES」や「Dot Like」など、京都で数多くのゲームTシャツを制作しているエディットモードに先日お邪魔してきました。

インサイド読者の方ならご存じの方が多いと思いますが、エディットモードから発売するTシャツは、通販で販売されています。最近はイベントなども開催・参加するようになり、実際に手で売る機会も増えてきました。

そこで!先日京都に行く機会を利用して、エディットモードのスタッフが普段どんな職場でお仕事をしているか、京都にある事務所へお邪魔してきました。

以前はアパートを借りて活動を行っていましたが、数年前に絹縫の倉庫として使われていた場所を借りて改装。現在はそこに事務所を構えています。事務所は2階にあり、中に入ってみると昭和レトロ風な応接室があります。

テレビ、机、ソファーを中心に、バーチャルボーイ、スーパーファミコン内蔵テレビ、ゲームに関する書籍、マリオやルイージなどのぬいぐるみ・フィギュア、そしてエディットモードが手掛けてきたTシャツなどが所狭しと飾られています。

応接室を抜けた先に行くと作業部屋があります。江南店長と新人・チカーノさんは普段ここで机に向かって作業を行っています。さらに奥へ行くと、部屋半分が商品(箱に包まれたTシャツ)の在庫置き場に使われています。販売されるTシャツはここから全て発送されています。

また、エディットモード事務所の見所の一つにトイレがあります。入ってみると壁中ぎっしりフィギュアなどが敷き詰められています。ここがトイレなのか忘れてしまう程です。もちろん飾られているのは任天堂に関するアイテムが殆ど。日本では見かけないレアな代物もちらほら。思わず欲しくなっちゃいますね。

エディットモードは今年で9周年を迎え、来年10周年を迎えます。ここ最近は「THE KING OF GAMES」からマリオやゼルダなどのTシャツが多く発売されましたが、10月は久々に「Dot Like」ブランドのソニックTシャツが発売されます。今後の展開にも期待したいですね。

(※写真をクリックするとコメントが表示されます。是非ご覧ください)
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る