人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2011】Wiiを活用してリハビリを少しでも楽しいものに

九州大学 大学院計術工学研究院と特定医療法人順和 長尾病院が共同でインタラクティブセッションで発表した「ゲームが秘めるもう一つの可能性 —リハビリ用起立運動支援ゲーム『樹立(きりつ)の森 リハビリウム』—」はゲームの楽しさをリハビリに応用しようという試みです。

ゲームビジネス その他
【CEDEC 2011】Wiiを活用してリハビリを少しでも楽しいものに
  • 【CEDEC 2011】Wiiを活用してリハビリを少しでも楽しいものに
  • 【CEDEC 2011】Wiiを活用してリハビリを少しでも楽しいものに
  • 【CEDEC 2011】Wiiを活用してリハビリを少しでも楽しいものに
  • 【CEDEC 2011】Wiiを活用してリハビリを少しでも楽しいものに
  • 【CEDEC 2011】Wiiを活用してリハビリを少しでも楽しいものに
九州大学 大学院計術工学研究院と特定医療法人順和 長尾病院が共同でインタラクティブセッションで発表した「ゲームが秘めるもう一つの可能性 —リハビリ用起立運動支援ゲーム『樹立(きりつ)の森 リハビリウム』—」はゲームの楽しさをリハビリに応用しようという試みです。

病院やケアセンターで実施されるリハビリは患者にとって辛く苦しい、乗り越えなければならないハードルです。例えば立ち座りの繰り返し(起立運動)をひたすら60回繰り返すというようなメニューもあります。体力的に苦しいだけでなく単調で辛いメニューです。『樹立の森 リハビリウム』はこれにゲーム要素を加えた実験です。

『樹立の森 リハビリウム』はバランスWiiボードを使用したPCソフトで、イスの前にバランスWiiボードを置いて、立ち座りを繰り返すことで、画面上で樹が育ちます。これにより視覚的に楽しませるほか、タイミングに合わせて掛け声や心地良い音楽をかけてくれます。また10回毎などのマイルストーンでは宝箱が登場してメダルやカードなどがリワードとして手に入るなどの工夫があり、続ける楽しさや動機を与えてくれます。

有効性を実証するために、(1)一人で行った場合 (2)ゲームを使った場合 (3)セラピストと一緒に行った場合で、最大起立回数の違いを調べたところ、(1)では74回だったのが、(3)では82回、そして(2)では90回と最も多いという結果となりました。また、主観的な疲労強度でも(2)が最も低いと感じられる事が分かっています。

一方課題としてはバランスWiiボードという機器を使う事による煩雑さやメダルなどのリワードの意味の理解の難しさが挙げられたとのこと。

プロジェクトでは病院やケアセンターの実情を反映して、集団で同時に出来るように改良したものを『リハビリウム2』としても実験しているそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

    2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

  3. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  5. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  6. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  7. 世界で戦うスマホゲーム『サムライディフェンダー』を収益で支えるタップジョイの広告ソリューション「nGEN」

  8. 消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

  9. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  10. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る