人生にゲームをプラスするメディア

【gamescom 2011】ポーランドを代表する王道RPG『ウィッチャー2』の最新動向を取材 ― ひと癖もふた癖もある世界観

ポーランドを代表するゲームスタジオ兼パブリッシャー、CD Projektが11年3月に満を持してリリースしたのが『The Witcher 2:Assassins of Kings』(以下、『The Witcer2』)です。

マイクロソフト Xbox360
ポーランドを代表するゲームスタジオ兼パブリッシャー、CD Projektが11年3月に満を持してリリースしたのが『The Witcher 2:Assassins of Kings』(以下、『The Witcer2』)です。

『The Witcher』シリーズはもともと同国のAndrzej Sapkowski氏によって執筆されたファンタジー小説ですが、多メディア展開がおこなわれ07年にCD Projektが開発するPCゲームの第一作目作品としてリリース。好評を博しました。

『The Witcher 2』も全世界で高い評価を受けこれまでに100以上の大小様々な賞を受賞してきました。1年におけるRPGジャンルのダークホースといっても良いでしょう。なお同作品は日本でも7月末にサイバーフロントより『ウィッチャー2王の暗殺者』としてリリースされています。

gamescom2011のプレゼンテーションにおいては、同作品のVersion2.0のリリースが決定。重厚ながら勧善懲悪とは言い難い複雑なストーリで話題となっている同作が、大幅に且つ無料で刷新され、更にXbox360 版がリリースされるとの発表がおこなわれました。

アップデートですが、具体的には、チュートリアルモード、より挑戦的なダークモード、そしてアーケードゲームスタイルのチャレンジモードであるアリーナモードの追加などが発表されました。

特にコアユーザーにとって大きなチャレンジとなるダークモードでは、様々な障害ならびやステージをクリアしていくと、ゲーム内で最強のアイテムとなるダークアイテムを入手することが出来るようになるとのこと。アイテムは全て黒塗りと言う点も非常に分かりやすく且つクールな雰囲気は実装時は話題となりそうです。

またアリーナモードでは、新ロケーションや、新クリ―チャー、ウェアウルフなどが追加。次々と敵が出現し、確実にプレイヤーを追い詰めていくデザインとのこと。プレイヤーはどれだけ長い間敵と倒し続けるかをランキングで競うことになります。
  
更に重要なのは、これら全ての新機能があらかじめ追加された形でXbox360(以下、360)版の『ウィッチャー2』が控えていると言う点。360版開発にあたり、まずこだわったのが、PC版のプレイ感覚を完全にXbox360版でも再現出来る様にする事だったとのこと。インターフェイスにも若干の変更を加え、360のコントローラでも十分楽しむことが出来るように調整した。また、高年齢層をターゲットにした点はノンリニアなストーリーラインもそのままにし従来のファンの希望に応えています。

また同社が独自に開発した3Dエンジンで追加されている様々な高機能もそのまま360上で使用可能となっている。結果として、家庭用ゲーム機に存在するRPGとしては類を見ないものになったと発表していました。

また、プレゼンテーションでは、ノンリニアなストーリーでありながら、セリフ選択などは、Biowareなどのゲームのように様々な分岐があるわけではなく、よりストーリ中心であることが明かされました。ですが同時にオープンワールドであるという説明もなされました。

実際のデモの舞台となった森林の奥にはAIで制御された様々なクリ―チャーが生息しているおり、戦闘シーンにおいては、一般的な敵ではなく猛獣などもプレイヤーを襲ってくることがあるとのこと。

なお、戦闘システムも単なるハックアンドスラッシュタイプではなく、マジックなどを用いて罠を作り敵をおびき寄せるといった戦略的要素も。物語展開でもかつて自身を裏切った人物と対峙している際、更なる敵に襲われ、一度裏切った人物に自身の武器を渡すべきか否かの決断がまかされるというシーンが。今回のプレゼンテーションでは、武器を渡すという選択をしつつ、このような状況での決断がその後の展開に大きな影を落とすといった場合もあるとプレゼンターは述べました。

以上が発表とデモプレイの全容ですが、最後に、VP of Business DevelopmentであるMichal Nowakowski氏と話すことが出来ました。同氏によると、『ウィッチャー』シリーズの特徴は、オープンワールドと、主人公を軸としたストーリーがうまく合わさっており、日本の人たちのようにストーリー重視のRPGを好きな人達も楽しめるデザインなっているとのこと。『The Witcher2』のような作品が360版として発売されることでRPGジャンルに更なる旋風を巻き起こせるか否かに期待です。
《中村彰憲》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 『BIOSHOCK』の日本語声優が明らかに!ムービーも

    『BIOSHOCK』の日本語声優が明らかに!ムービーも

  2. 実物大「テムジン747A」が秋葉原に出現 ― 『電脳戦機バーチャロン フォース』スペシャルプロジェクト

    実物大「テムジン747A」が秋葉原に出現 ― 『電脳戦機バーチャロン フォース』スペシャルプロジェクト

  3. 『マインクラフト』Win 10/モバイル/XB1/スイッチ/VR版がクロスプレイに対応へ

    『マインクラフト』Win 10/モバイル/XB1/スイッチ/VR版がクロスプレイに対応へ

  4. PayPalやXGD3に対応するXbox 360の最新システムアップデートがリリース

アクセスランキングをもっと見る