人生にゲームをプラスするメディア

カプコンからゲーム情報&漫画の総合誌「カプ本」が刊行

カプコンは、同社のゲーム情報と漫画を読めるオールカプコン総合情報誌「カプ本(かぷぼん)」を9月20日に刊行すると発表しました。

その他 全般
カプ本(かぷぼん)
  • カプ本(かぷぼん)
  • カプ本(かぷぼん)
  • カプ本(かぷぼん)
  • カプ本(かぷぼん)
カプコンは、同社のゲーム情報と漫画を読めるオールカプコン総合情報誌「カプ本(かぷぼん)」を9月20日に刊行すると発表しました。

「カプ本」ではカプコンの最新タイトルの新着ゲーム情報に加え、200ページを超えるボリュームで多数の漫画連載が始まります。『カプ本Vol.1』特別読切として「猿ロック」「ルシフェルの右手」で知られる芹沢直樹さんの描く「バイオハザード マルハワデザイア エピソード0」も掲載されるといいます。

また「カプ本Vol.1」では、特別特典としてトリビュートイラストを収録した小冊子が付属。安部真弘さん、一文字蛍さん、伊藤龍さん、輝竜司さん、鈴木大さん、スメラギさん、芹沢直樹さん、浜岡賢次さん、樋口大輔さん、平川哲弘さん、布施龍太さんらのイラストが収録されています。

カプコンの総合誌。かなりのボリュームになりそうです。

「カプ本Vol.1」は、9月20日発売予定で価格は1,200円(税込)です。

(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《D》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

    海外スタントマンが『スマブラSP』キレキレのアクションで大乱闘を再現!

  2. 『MOTHER2』とのコラボも!「ほぼ日」が創刊20周年を記念して、豪華アーティストデザインのハラマキを発表

  3. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  4. 山崎紘菜、実写『モンスターハンター』でハリウッドデビュー! ミラも「ゲームから飛び出してきたみたい」

  5. AbemaTV、大晦日に「Fate/staynight[HF]」第一章“オーディオコメンタリー版”を独占配信

アクセスランキングをもっと見る