人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2011】盛大のブースには『FF14』や『ドラゴンボール』も

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

中国で最大のオンラインゲームパブリッシャーである盛大(Shanda)は「China Joy 2011」の一番奥のフロア(巨大メーカーが軒を連ねる)にブースを構えていました。

日本発、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXIV』やバンダイとNTLが共同開発する『ドラゴンボールオンライン』という2つのタイトルも大きく取り上げられていました。どちらも台数は少ないもののプレイアブルで体験できる状態です。『FFXIV』は3つ連ねたディスプレイでの3D体験も用意されていました。ちなみにこちらでのタイトルは『最終幻想14』。一方の『ドラゴンボールオンライン』は韓国・台湾と来ていよいよ本命の中国でのサービスインに向けての準備中です。こちらでも名の知れたフランチャイズということもあって注目度も高そう。どちらも今後の展開が楽しみな作品です。

ちなみに、迎えてくれたコンパニオンのお姉さま方は非常に清楚な衣装で、ナンバーワンの威厳を感じさせるものでもありました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. Steam版『シュタインズゲート』配信開始!日本語/トレカにも対応

    Steam版『シュタインズゲート』配信開始!日本語/トレカにも対応

  2. 『ログレス』を手掛けたAimingの新作MMO RPG『キャラバンストーリーズ』発表!PC&スマホで展開

    『ログレス』を手掛けたAimingの新作MMO RPG『キャラバンストーリーズ』発表!PC&スマホで展開

  3. 【G-STAR 2014】NCSOFTのキャラが総出演する新作シューティング『MXM』、その戦闘方式「TAGシステム」とは

  4. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  5. 蹂躙され“身も心も傷ついた”少女たちを救出し、子孫を繁栄させていくDMMの新作RPG『ユバの徽』発表

  6. 異形のバケモノ管理SLG『Lobotomy Corporation』は『SCP』の世界観を色濃く映す

  7. MMO『ツリーオブセイヴァー』体力回復や支援はお任せ! 映像で“クレリック”系統を4次までご紹介

  8. 『MHF-G』G8情報公開、新モンスター「ガスラバズラ」や遷悠種「ジンオウガ」が登場

  9. 『ロード オブ ヴァーミリオン バトルアリーナ』発表会&プレイレポ!和製MOBAタイトルの魅力に迫る

アクセスランキングをもっと見る